ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置
  • HOME>
  • NEWS & REPORT

JRHAニュース

シャケトラ号 Sciacchetra
故障も距離も乗り越えて完全復活を果たしたシャケトラ

19/03/18

平成最後の盾獲りに王手!シャケトラ阪神大賞典圧勝

3月17日(日)阪神競馬場で行われたG2第67回阪神大賞典(芝3000m)で、2014年1歳セール取引馬シャケトラが優勝しました。
春の天皇賞に向けて、レース内容が問われる一戦となりました。向こう正面からスタートを切ると、前半は折り合いを重視して、後方3番手で1周目のスタンド前を通過していきました。最初の1000mが59.3秒、次が63.6秒と急激なペース変化にも動じることなく進み、2周目のバックストレッチから馬なりでポジションを上げていきました。最終コーナーで先頭に並びかけ直線に向かうと、脚があがったライバルたちを一方的に突き放し、5馬身差をつけて悠々とゴール板を駆け抜けました。
骨折による1年1ヶ月の休養からGU2連勝で3つ目の重賞タイトルを手にしたシャケトラ。平成最後の盾獲り合戦の最有力候補に躍り出ました。

シャケトラ号 Sciacchetra カタログ掲載画像
    ●父 マンハッタンカフェ
    ●母 サマーハ ●母父 Singspiel
    ●牡6歳 ●栗東・角居勝彦厩舎
    ●馬主:金子真人ホールディングス(株) 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

ダノンファンタジー号 Danon
トライアルで完璧なデモを披露したダノンファンタジー

19/03/04

ダノンファンタジー桜花賞王手!チューリップ賞完勝

3月2日(土)阪神競馬場で行われたG2第26回チューリップ賞(芝1600m)で、2017年1歳セール取引馬ダノンファンタジーが優勝しました。
単勝1.3倍の断然人気に支持されてレースを迎えました。最内枠から好スタートを切りましたが、外の馬を行かせて、道中は3番手で折り合い流れに乗りました。勝負どころでもじっと脚を溜めたまま4コーナーを回り、最後の直線を迎えましたが、前に壁が出来て進路がない状況となりました。しかし、ラスト300mで進路を確保すると、レベルが違う末脚を繰り出して残り150mで先頭に立ち、そのまま後続の追撃も完封しました。
2歳女王に輝いてから3ヶ月。更なる進化を遂げてトライアルを完勝したダノンファンタジー。クラシック第一弾、桜花賞制覇はもう目前です。
なお、3着にも当セール取引馬ノーブルスコアが入り、桜花賞への優先出走権を獲得しています。

ダノンファンタジー号 Danon Fantasy カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 ライフフォーセール ●母父 Not for Sale
    ●牝3歳 ●栗東・中内田充正厩舎
    ●馬主:(株)ダノックス 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

ヒラボクラターシュ号 Hiraboku
ヒラボクラターシュがデッドヒートを制して重賞初V

19/02/12

ヒラボクラターシュ佐賀記念V!

2月11日(月)佐賀競馬場で行われたJPN3第46回佐賀記念(ダ2000m)で、2015年当歳セール取引馬ヒラボクラターシュが優勝しました。
7番枠からスタートを決めると、折り合いを重視して3番手にポジションを取り、1周目のホームストレットを通過していきました。向こう正面の勝負どころに差しかかると、外を通って少しずつ加速し、先頭に並びかけていきました。最後の直線では、2番手から先に抜け出した2着馬との叩き合いとなりましたが、末脚はゴールまで衰えることなく、そのまま振り切りました。
4度目の重賞挑戦で待望の初Vを飾ったヒラボクラターシュ。「レベルが高い」と言われる4歳世代から、また1頭楽しみな新星が誕生しました。

ヒラボクラターシュ号 Hiraboku la Tache カタログ掲載画像
    ●父 キンシャサノキセキ
    ●母 ヒラボクウィン ●母父 ワイルドラッシュ
    ●牡4歳 ●栗東・大久保龍志厩舎
    ●馬主:(株)平田牧場 様
    ●浦河・(有)辻牧場 生産

PAGE TOP

ダノンチェイサー号 Danon
ダノンチェイサーがクラシックへの登竜門レースを制す

19/02/04

春の主役に名乗り!ダノンチェイサーきさらぎ賞完勝

2月3日(日)京都競馬場で行われたG3第59回きさらぎ賞(芝1800m)で、2017年1歳セール取引馬ダノンチェイサーが優勝しました。
レース直前に降り出した雨の中、好スタートを決めると、先頭から3馬身ほど後方の2番手にポジションを取りました。課題の「折り合い」に細心の注意を払いながらの道中でしたが、少し行きたがる素振りを見せたものの我慢して流れに乗りました。抜群の手応えを残して4コーナーを回り、直線半ばで出されたゴーサインに素早く反応すると、残り100mで先頭に立ち、そのまま押し切りました。
2連勝で重賞初Vを決め、春の主役候補に名乗りを上げたダノンチェイサー。皐月賞、ダービーへと続く、クラシックロードをしっかりと視界に捉えました。

ダノンチェイサー号 Danon Chaser カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 サミター ●母父 ロックオブジブラルタル
    ●牡3歳 ●栗東・池江泰寿厩舎
    ●馬主:(株)ダノックス 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

シャケトラ号 Sciacchetra
断然人気の菊花賞馬を退け重賞2勝目をゲットしたシャケトラ

19/01/21

復活V!シャケトラAJCC快勝

1月20日(日)中山競馬場で行われたG2第60回AJCC(芝2200m)で、2014年1歳セール取引馬シャケトラが優勝しました。
1年1ヶ月ぶりの出走となりましたが、スタートを決めて、先行集団の外目につけました。最初の1000mが62.2秒のスローペースを5番手で折り合って進み、勝負どころから進出していきました。最終コーナーを3番手で回り、早めに先頭に立つと、外から追い込んだ菊花賞馬フィエールマンの追撃を渋太く凌ぎ切り、ゴールに飛び込みました。
骨折による長期休養明けを物ともせず、見事に復活を果たしたシャケトラ。春のビッグレースに向けて、再び狼煙を上げました。

シャケトラ号 Sciacchetra カタログ掲載画像
    ●父 マンハッタンカフェ
    ●母 サマーハ ●母父 Singspiel
    ●牡6歳 ●栗東・角居勝彦厩舎
    ●馬主:金子真人ホールディングス(株) 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

グローリーヴェイズ号 Glory
1番人気に応えて快勝したグローリーヴェイズ

19/01/15

待望の重賞初V!グローリーヴェイズ日経新春杯快勝

1月13日(日)京都競馬場で行われたG2第66回日経新春杯(芝2400m)で、2016年1歳セール取引馬グローリーヴェイズが優勝しました。
2番枠からスタートを決めると、すっと下げて中団のインコースにポジションを取り、最初のコーナーを回りました。前半1000mが58.3秒のハイペースの中、道中も内枠を生かしてラチ沿いでじっくりと脚を温存して進んでいきました。3角すぎの下りから徐々に進出し、最後の直線では進路を馬場の真ん中に切り替えると、残り200mで先頭に立ち、そのまま押し切りました。
新年最初のG2戦で待望の重賞初Vを飾ったグローリーヴェイズ。強いと言われる明け4歳世代から、また1頭楽しみな新星が誕生しました。
また、2着にも当セール取引馬のルックトゥワイスが入り、重賞では今年初のワンツーフィニッシュとなりました。

グローリーヴェイズ号 Glory Vase カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 メジロツボネ ●母父 スウェプトオーヴァーボード
    ●牡4歳 ●美浦・尾関知人厩舎
    ●馬主:(有)シルクレーシング 様
    ●洞爺湖・(株)レイクヴィラファーム 生産

PAGE TOP

19/01/08

アドマイヤマーズ、ダノンファンタジーが2018年度JRA賞受賞!

JRA日本中央競馬会は1月8日、2018年度のJRA賞受賞馬選考委員会を開き、各部門の受賞馬を発表しました。
セレクトセール出身馬では、朝日杯フューチュリティSを無傷の4連勝で制したアドマイヤマーズが最優秀2歳牡馬に、
桜花賞と同舞台で行われた阪神ジュベナイルFを目が覚めるような末脚で差し切ったダノンファンタジーが最優秀2歳牝馬にそれぞれ選出されました。


【最優秀2歳牡馬】
アドマイヤマーズ[牡2歳]
父ダイワメジャー 母ヴィアメディチ(by Medicean)
●馬主:近藤 利一 様 ●調教師:友道 康夫 様
●生産者:ノーザンファーム 様
●2018年度成績:4戦4勝
●2018年度主な勝ち鞍:朝日杯フューチュリティS(G1) 他


【最優秀2歳牝馬】
ダノンファンタジー[牝2歳]
父ディープインパクト 母ライフフォーセール(by Not for Sale)
●馬主:(株)ダノックス 様 ●調教師:中内田 充正 様
●生産者:ノーザンファーム 様
●2018年度成績:4戦3勝
●2018年度主な勝ち鞍:阪神ジュベナイルF(G1) 他

PAGE TOP