ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置
  • HOME>
  • NEWS & REPORT

JRHAニュース

アルバート号 Albert
アルバートが末脚一閃で重賞3勝目を飾る

17/02/20

淀の大舞台に向けて視界良好!アルバートがダイヤモンドS快勝

2月18日(土)東京競馬場で行われたG3第67回ダイヤモンドS(芝3400m)で、2012年当歳セール取引馬アルバートが1番人気に応えて優勝しました。
マラソンレースとあって、スタート後はスローが連続するペースとなり、各馬が自分自身との戦いとなりましたが、後方で悠然と構えてレースを進めました。道中は折り合いを欠くこともなく、スムーズに流れに乗り、2周目の3角過ぎから徐々にエンジンを掛けて最終コーナーを回りました。最後の直線では、大外に持ち出されると、メンバー最速となるラスト3F33.4秒の末脚を繰り出し、豪快に差し切りました。
トップハンデをものともせず、ステイヤーズS連覇に続く、重賞3勝目を挙げたアルバート。最強ステイヤー決定戦天皇賞・春に弾みをつける勝利となりました。

アルバート号 Albert カタログ掲載画像
    ●父 アドマイヤドン
    ●母 フォルクローレ ●母父 ダンスインザダーク
    ●牡6歳 ●美浦・堀宣行厩舎
    ●馬主:林 正道 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

スワーヴリチャード号 Suave
クラシック戦線の有力候補に名乗りを上げたスワーヴリチャード

17/02/14

いざクラシックへ!スワーヴリチャード共同通信杯完勝

2月11日(土)東京競馬場で行われたG3第51回共同通信杯(芝1800m)で、2014年当歳セール取引馬スワーヴリチャードが完勝しました。
スタートが上手ではないタイプですが、今回はスムーズに出て、バックストレッチでは先頭集団直後の好位にポジションを取りました。前半1000mが60.5秒の平均ペースで流れる中、内で折り合いじっくりを脚を溜めました。最後の直線に入ると、馬なりで先頭に並び掛け、残り1Fから追い出されると、アッという間に突き離し、後続に2馬身半をつける完勝劇を演じました。
近5年で4頭の皐月賞馬を輩出する出世レースを制して、一躍有力候補に躍り出たスワーヴリチャード。抜群の瞬発力と脚力を武器にクラシックロードを突き進みます。

スワーヴリチャード号 Suave Richard カタログ掲載画像
    ●父 ハーツクライ
    ●母 ピラミマ ●母父 Unbridled's Song
    ●牡3歳 ●栗東・庄野靖志厩舎
    ●馬主:(株)NICKS 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

サトノクラウン号 Satono
4年連続5度目の重賞Vを決めたサトノクラウン

17/02/14

サトノクラウン京都記念2連覇!

2月12日(日)京都競馬場で行われたG2第110回京都記念(芝2200m)で、2013年1歳セール取引馬サトノクラウンが快勝しました。
好スタートを決めると、離れた3番手で最初のコーナーに入りました。前半1000mの通過が60.2秒の平均ペースの中、スムーズに折り合ってバックストレッチを進みました。3角の下り坂から徐々にピッチを上げて前との差を詰め直線を迎えると、馬場の中央を鋭く伸びて抜け出し、先頭でゴールを駆け抜けました。
海外G1ウイナーの実力を存分に見せつけ、昨年に続く2連覇を達成したサトノクラウン。待望の国内ビッグタイトル奪取は目前です。

サトノクラウン号 Satono Crown カタログ掲載画像
    ●父 Marju
    ●母 ジョコンダU ●母父 Rossini
    ●牡5歳 ●美浦・堀宣行厩舎
    ●馬主:里見 治 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

アドマイヤミヤビ号 Admire
1分33秒2の好タイムで重賞Vを飾ったアドマイヤミヤビ

17/02/14

3連勝で重賞初V!アドマイヤミヤビがクイーンC快勝

2月11日(土)東京競馬場で行われたG3第52回クイーンC(芝1600m)で、2014年当歳セール取引馬アドマイヤミヤビが優勝しました。
外枠からのスタートを無難に決めて、府中の長いバックストレッチで中団馬群の外を追走しました。マイルの速い流れに戻り、戸惑うのではないかとの懸念もありましたが、ポテンシャルの高さで難なくクリアすると、抜群の手応えを残して最終コーナーを回りました。最後の直線では、先に抜け出した2着馬が懸命に粘るところを、3F33.6秒のメンバー最速の末脚を発揮し、外から力で捻じ伏せるように差し切りました。
3連勝で重賞初Vを飾り、桜花賞に名乗りを上げたアドマイヤミヤビ。ハイレベルな3歳牝馬クラシック路線に、新たなヒロイン候補が誕生しました。

アドマイヤミヤビ号 Admire Miyabi カタログ掲載画像
    ●父 ハーツクライ
    ●母 レディスキッパー ●母父 クロフネ
    ●牝3歳 ●栗東・友道康夫厩舎
    ●馬主:近藤 利一 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

アメリカズカップ号 America's
朝日杯FS9着から鮮やかな変わり身できさらぎ賞を制したアメリカズカップ

17/02/06

鮮やかに大変身!アメリカズカップきさらぎ賞快勝

2月5日(日)京都競馬場で行われたG3第57回きさらぎ賞(芝1800m)で、2014年当歳セール取引馬アメリカズカップが快勝しました。
前日からの降雨で重馬場発表の中、スタートを決めて、好位3番手にポジションを取りました。少頭数の道悪競馬となったことから、スローの展開となりましたが、道中は力むことなく折り合って進み、力を温存しました。勝負どころから鞍上のゴーサインに反応して徐々に加速し直線に入ると、渋太く末脚を伸ばして先頭に立ち、そのまま後続の追撃も封じ込めました。
自身の持ち味を存分に発揮して重賞初Vを飾ったアメリカズカップ。楽しみな1頭がクラシック戦線に名乗りを上げました。
また、2着にもセール取引馬のサトノアーサーが入り、日経新春杯に続く、重賞ワンツーフィニッシュとなりました。

アメリカズカップ号 America's Cup カタログ掲載画像
    ●父 マンハッタンカフェ
    ●母 ベガスナイト ●母父 コロナドズクエスト
    ●牡3歳 ●栗東・音無秀孝厩舎
    ●馬主:谷掛 龍夫 様
    ●千歳・社台ファーム 生産

PAGE TOP

ミッキーロケット号 Mikki
シャケトラとの壮絶なマッチレースを制したミッキーロケット

17/01/18

待望の重賞初V!ミッキーロケット日経新春杯快勝

1月17日(火)京都競馬場で行われたG2第64回日経新春杯(芝2400m)で、2014年1歳セール取引馬ミッキーロケットが優勝しました。
降雪による2日間の順延で実施された同レースでは、課題とされたスタートを決めて好位から進める展開となりました。最初の1000mが60.2秒という稍重の馬場を考慮すると、少し速いペースの中で折り合い、流れに乗りました。3角過ぎの下り坂を利用してポジションを押し上げ、最終コーナーを回ると、直線では外から伸びてきたシャケトラに並ばれましたが、内からもう一伸びして差替えし、ハナ差の決着を制しました。
先行馬を自ら動いて潰し、後続馬の追撃を封じる強い内容で重賞初制覇を飾ったミッキーロケット。「最強」の呼び声高い4歳世代から、また一頭、楽しみな馬が出現しました。
更に、2着に入ったシャケトラも当セール出身馬であり、重賞では今年初めてのワンツー・フィニッシュとなりました。

ミッキーロケット号 Mikki Rocket カタログ掲載画像
    ●父 キングカメハメハ
    ●母 マネーキャントバイミーラヴ ●母父 Pivotal
    ●牡4歳 ●栗東・音無秀孝厩舎
    ●馬主:野田 みづき 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

17/01/10

サトノダイヤモンド、ミッキーアイルが2016年度JRA賞受賞!

JRA日本中央競馬会は1月10日、2016年度のJRA賞受賞馬選考委員会を開き、各部門の受賞馬を発表しました。
セレクトセール出身馬では、グランプリ有馬記念と菊花賞を制したサトノダイヤモンドが最優秀3歳牡馬に、マイルCSで2つ目のビッグタイトルを獲得したミッキーアイルが最優秀短距離馬にそれぞれ選出されました。


【最優秀3歳牡馬】
サトノダイヤモンド[牡3歳]
父ディープインパクト 母マルペンサ(by Orpen)
●馬主:里見 治 様
●調教師:池江 泰寿 様
●生産者:ノーザンファーム 様
●2016年度成績:6戦4勝
●2016年度主な勝ち鞍:有馬記念(G1)、菊花賞(G1) 他


【最優秀短距離馬】
ミッキーアイル[牡5歳]
父ディープインパクト 母スターアイル(by ロックオブジブラルタル)
●馬主:野田 みづき 様
●調教師:音無 秀孝 様
●生産者:ノーザンファーム 様
●2016年度成績:5戦2勝
●2016年度主な勝ち鞍:マイルCS(G1) 他

PAGE TOP

ツクバアズマオー号 Tsukuba
2017年の幕開け重賞を見事に制したツクバアズマオー

17/01/06

2017年もセール取引馬が好発進!ツクバアズマオー中山金杯V

1月5日(木)中山競馬場で行われたG3第66回中山金杯(芝2000m)で、2011年当歳セール取引馬ツクバアズマオーが優勝しました。
寒風吹く中、スタートが切られると、馬の気持ちに任せて、後方からレースとなりました。道中は、今の馬場を考慮すると、前半1000mが60.4秒という少し速いペースで進みました。勝負どころから徐々にポジションを押し上げ、最終コーナーを回ると、直線ではメンバー最速の末脚を繰り出し、先頭でゴールを駆け抜けました。
年始早々、得意の中山コースで重賞ウイナーの仲間入りを果たしたツクバアズマオー。更なる高いステージでの活躍を期待したくなる勝利となりました。

ツクバアズマオー号 Tsukuba Azuma O カタログ掲載画像
    ●父 ステイゴールド
    ●母 ニューグランジ ●母父 Giant's Causeway
    ●牡6歳 ●美浦・尾形充弘厩舎
    ●馬主:荻原 昭二 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP