現在表示しているページの位置

JRHAニュース

ディープインパクト号 Deep Impact
セレクトセールが輩出した日本競馬史上最強馬の物語がここに終焉

2006/12/25

夢と希望と感動をありがとう!ディープインパクト ラストランも完勝

“あの走り”をいつまでも目に焼き付けておきたい。そんな思いを胸に11万7251人のファンが集まり、そして日本中が注目したラストラン。12月24日(日)中山競馬場で行われた第51回有馬記念(JPN1/芝2500m)で、2002年セール取引馬ディープインパクトが、7つ目のG1タイトルを獲得し有終の美を飾りました。アドマイヤメインの大逃げで始まったレースは淡々と進み、勝負が動いたのは4コーナー手前。瞬く間に先頭集団に取り付き、馬場の真ん中を堂々と突き抜けると、2着馬に3馬身の着差をつけ、生涯最後のゴールを駆け抜けました。衝撃的なデビューを果たした2年前の新馬戦から全14戦を走り抜き、最後まで夢と希望と感動を与え続けてくれたディープインパクト。社会現象を呼び起こしたこのスーパーホースが、2008年のセレクトセールに父となって戻ってくることを楽しみに待ちたいと思います。

ディープインパクト号 Deep Impact
    ●父 サンデーサイレンス
    ●母 ウインドインハーヘア ●母父 Alzao
    ●牡4歳 ●栗東・池江泰郎厩舎
    ●馬主:金子真人ホールディングス(株) 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

フサイチホウオー号 Fusaichi Ho O
無傷の3連勝でクラシック制覇の期待が膨らむフサイチホウオー

2006/12/25

フサイチホウオーいざクラシックへ!ラジオNIKKEI杯2歳S快勝

12月23日(土)阪神競馬場で行われた第23回ラジオNIKKEI杯2歳S(JPN3/芝2000m)で、2004年セール取引馬フサイチホウオーが断然人気に応え快勝しました。レースは、先頭集団の動きが見れる中団を追走。4コーナー手前から徐々に押し上げ最後の直線に入ると、力強いフットワークを披露し、内で粘る2着馬を交わし重賞2連勝となるゴールに飛び込みました。随所に若さを覗かせながら、スケールの大きな走りで登竜門レースを制したフサイチホウオー。無限の可能性を秘めた同馬が、クラシックの中心的存在として勝負の2007年を迎えます。

フサイチホウオー号 Fusaichi Ho O
    ●父 ジャングルポケット
    ●母 アドマイヤサンデー ●母父 サンデーサイレンス
    ●牡2歳 ●栗東・松田国英厩舎
    ●馬主:関口 房朗 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

フサイチリシャール号 Fusaichi Richard
G1馬の実力を見せつけ阪神カップ初代王者に就いたフサイチリシャール

2006/12/18

2歳チャンプが華麗に復活!フサイチリシャール阪神カップV

12月17日(日)阪神競馬場で行われた新設重賞・第1回阪神カップ(JPN2/芝1400m)で、2003年セール取引馬フサイチリシャールが記念すべき初代王者に就きました。好スタートを決めると好位3番手をキープ。リズム良く追走し最後の直線に入ると、降りしきる雨を物ともせず力強く抜け出し、猛追してきたライバルたちを封じ込めました。昨年の朝日杯フューチュリティS以来、試行錯誤が繰り返しながら、この勝利に辿り着いたフサイチリシャール。最大の長所であるスピードに適性を見出し、鮮やかに復活したG1ホースが芝の短距離界で再び頂点を目指します。
また、2着にもプリサイスマシーンが入り、今年2度目となる当セール取引馬によるワンツー・フィニッシュとなりました。

フサイチリシャール号 Fusaichi Richard
    ●父 クロフネ
    ●母 フサイチエアデール ●母父 サンデーサイレンス
    ●牡3歳 ●栗東・松田国英厩舎
    ●馬主:関口 房朗 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

アドマイヤキッス号 Admire Kiss
能力の高さを再認識させ3つ目のGタイトルを手に入れたアドマイヤキッス

2006/12/18

末脚一閃!アドマイヤキッス愛知杯完勝

12月16日(土)中京競馬場で行われた第44回愛知杯(JPN3/芝2000m)で、2003年セール取引馬アドマイヤキッスが圧倒的な1番人気に応えて快勝しました。スタートでは躓きましたが、すぐに立て直し好位3番手で1コーナーを通過しました。後続が徐々に進出を開始した3コーナーでも慌てることなくじっくりと追走しながら最後の直線へ。鞍上がゴーサインを送ると、しっかりと末脚を伸ばし、チューリップ賞、ローズSに続く重賞3勝目を挙げました。一年の最後を重賞勝利で締めくくり、同世代トップクラスであることを改めて証明したアドマイヤキッス。無冠に終わったクラシックの悔しさを胸に、念願のG1制覇を目指します。


アドマイヤキッス号 Admire Kiss
    ●父 サンデーサイレンス
    ●母 キッスパシオン ●母父 ジェイドロバリー
    ●牝3歳 ●栗東・松田博資厩舎
    ●馬主:近藤 利一 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

ディープインパクト号 Deep Impact
かつてない興奮と感動をもたらし再び頂点を極めたディープインパクト

2006/11/27

これぞ日本最強馬の走り!ディープインパクト ジャパンC制覇

11/26(日)東京競馬場で行われた第26回ジャパンカップ(G1/芝2400m)で、2002年セール取引馬ディープインパクトが、6つ目のG1タイトルを奪取しました。レースでは、1000m通過が61.1秒というスローペースの中、マイポジションともいうべき最後方を追走。残り700mでゴーサインが出ると、素早い反応で先頭集団に取りつき最後の直線へ。馬場の外めを豪快な末脚で突き抜けると、12万人を超える拍手と歓声を浴びながら完全復活のゴールに飛び込みました。凱旋門賞失格という逆境の中、自らの力で雑音を振り払い、再び頂点を極めたディープインパクト。日本中を熱狂させたスーパーホースが、ラストランとなる有馬記念で名実ともに史上最強馬の座を狙います。

ディープインパクト号 Deep Impact
    ●父 サンデーサイレンス
    ●母 ウインドインハーヘア ●母父 Alzao
    ●牡4歳 ●栗東・池江泰郎厩舎
    ●馬主:金子真人ホールディングス(株) 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

フサイチホウオー号 Fusaichi Ho O
父ジャングルポケット譲りの息の長い末脚で出世レースを快勝したフサイチホウオー

2006/11/20

来春へ飛翔!フサイチホウオー東京スポーツ杯2歳S快勝

11月18日(土)東京競馬場で行われた第11回東京スポーツ杯2歳S(JPN3/芝1800m)で、2004年セール取引馬フサイチホウオーが新馬に続く2連勝で重賞初Vを飾りました。レースでは、好スタートを決め絶好位3番手を追走。最後の直線に入り、内外から後続が襲いかかると、抜群の勝負根性を発揮し、3頭の真ん中を力強く抜け出しました。左にモタれる若さを覗かせながらも、着差以上の強さを見せつけたフサイチホウオー。父譲りのダイナミックなフォームから繰り出される息の長い末脚と、BMSから受け継いだ類稀な闘争心を武器にクラシック制覇を狙います。

フサイチホウオー号 Fusaichi Ho O
    ●父 ジャングルポケット
    ●母 アドマイヤサンデー ●母父 サンデーサイレンス
    ●牡2歳 ●栗東・松田国英厩舎
    ●馬主:関口 房朗 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

フサイチパンドラ号 Fusaichi Pandora
惜敗続きにピリオドを打ちG1ウイナーの仲間入りを果たしたフサイチパンドラ

2006/11/13

新女王はフサイチパンドラ!エリザベス女王杯優勝

11月12日(日)京都競馬場で行われた牝馬No.1決定戦第31回エリザベス女王杯(JPN1/芝2200m)で、2003年セール取引馬フサイチパンドラが優勝し、初G1制覇を達成しました。レースでは、前半1000mの通過タイムが57.4秒というハイペースの流れの中、中団を追走。勝負所となる3~4コーナーの下り坂を徐々に進出し直線に入ると、集中力を切らせることなく、しっかりとした末脚を繰り出し2着でフィニッシュ。馬場の真ん中を突き抜けた1着入線馬が、審議の結果、進路妨害により降着となったため、思わぬ形で勝利となりました。しかし、牝馬クラシックでは、皆勤出走もさることながらオークス2着、秋華賞3着とトップクラスの能力を示してきたフサイチパンドラ。強運をも味方につけた新ヒロインは「誰もが認める真の女王」を目指し更なる活躍を誓います。

フサイチパンドラ号 Fusaichi Pandora
    ●父 サンデーサイレンス
    ●母 ロッタレース ●母父 Nureyev
    ●牝3歳 ●栗東・白井寿昭厩舎
    ●馬主:関口 房朗 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

プリサイスマシーン号 Precise Machine
前哨戦を快勝し悲願のG1制覇に王手をかけたプリサイスマシーン

2006/10/30

古豪健在!プリサイスマシーン スワンS制す

10月28日(土)京都競馬場で行われた第49回スワンS(JPN2/芝1400m)で、1999年セール取引馬プリサイスマシーンが14番人気という低評価を覆し快勝しています。レースは、G1馬オレハマッテルゼを見ながらレースを進めることができる絶好の4番手を追走。直線に入り、馬場の真ん中を堂々と抜け出すと、後続の追撃を封じ込め重賞3勝目をなるゴールに飛び込みました。休養明けながら、「古豪健在」をアピールした実力馬プリサイスマシーン。秋のマイル頂上決戦で初G1制覇を狙います。

プリサイスマシーン号 Precise Machine
    ●父 マヤノトップガン
    ●母 ビーサイレント ●母父 サンデーサイレンス
    ●牡7歳 ●美浦・萩原清厩舎
    ●馬主:池谷 誠一 様
    ●白老・社台コーポレーション白老ファーム 生産

PAGE TOP

オースミダイドウ号 Osumi Daido
デビューから無傷の3連勝でクラシック戦線に名乗りを上げたオースミダイドウ

2006/10/16

スター候補誕生の予感!オースミダイドウ デイリー杯2歳S快勝

10月14日(土)京都競馬場で行われた第41回デイリー杯2歳S(JPN2/芝1600m)で、2004年セール取引馬オースミダイドウが圧倒的な1番人気に応え重賞初制覇を飾りました。前2走は、スピードの違いから先手を奪った同馬でしたが、来たるべきG1の舞台を勝ち抜くために必要な控える競馬が試され中団を追走。行きたがる素振りを見せ、また勝負どころでは前が狭くなる苦しい展開ながら、ラスト3F34.6秒の鋭い末脚を発揮し3連勝を達成しました。父スペシャルウィーク譲りのレースセンスを武器に脚質転換を成功させたオースミダイドウ。クラシックに向けて楽しみな逸材が登場しました。

オースミダイドウ号 Osumi Daido
    ●父 スペシャルウィーク
    ●母 ストームティグレス ●母父 Storm Cat
    ●牡2歳 ●栗東・中尾正厩舎
    ●馬主:(株)オースミ 様
    ●千歳・社台ファーム 生産

PAGE TOP

バランスオブゲーム号 Balance of Game
7つの重賞を制し当セール取引馬賞金ランキング3位に躍り出たバランスオブゲーム

2006/09/25

悲願成就へあと一歩!バランスオブゲーム オールカマー優勝

9/24(日)中山競馬場で行われた第52回オールカマー(JPN2/芝2200m)で、1999年セール取引馬のバランスオブゲームがまた一つ新たな勲章を増やしました。走る気を漲らせる同馬は、少し折り合いを欠く場面があったものの、いつもと同様に好位を追走。押さえきれない手応えで先頭に踊り出ると、猛追してきたコスモバルクをハナ差振り切り、今季2勝目となるVゴールを駆け抜けました。2歳時から積み重ねてきた重賞勝利を「7」に伸ばし、7歳を迎えた今年も第一線をリードするバランスオブゲーム。取引価格の約70倍を超える賞金を獲得した歴戦の雄は、「歴史に残るG1ホース」を目指し、この秋も走り続けます。

バランスオブゲーム号 Balance of Game
    ●父 フサイチコンコルド
    ●母 ホールオブフェーム ●母父 アレミロード
    ●牡7歳 ●美浦・宗像義忠厩舎
    ●馬主:薗部 博之 様
    ●浦河・ヤマダファーム 生産

PAGE TOP

マンオブパーサー号 Man of Purser
抜群の安定感と勝負根性で3歳ダート王に輝いたマンオブパーサー

2006/09/19

3歳ダート王誕生!マンオブパーサー ダービーグランプリV

9月18日(月)盛岡競馬場で行われた第21回ダービーグランプリ(JPN1/ダ2000m)を、2003年セール取引馬マンオブパーサーが重賞初挑戦ながら快勝しています。レースでは、好スタートから終始2番手を追走。少しずつポジションを詰めながら最後の直線に入ると、逃げ込みを図る2着馬と300mにも及ぶデッドヒートを制しG1タイトルを手中にしました。デビュー以来、4着以下なしという戦績が示すとおり抜群のポテンシャルを誇るマンオブパーサー。3歳ダート王から真のチャンピオンになるべく、更なるレベルアップを目指します。

マンオブパーサー号 Man of Purser
    ●父 タヤスツヨシ
    ●母 タップユアトウズ ●母父 State Dinner
    ●牡3歳 ●栗東・大久保龍志厩舎
    ●馬主:鈴木 義孝 様
    ●千歳・社台ファーム 生産

PAGE TOP

ヒシアトラス号 Hishi Atlas
格の違いを見せつけ重賞V3を決めたヒシアトラス

2006/09/19

百戦錬磨ヒシアトラス エルムS完勝!

9月18日(月)札幌競馬場で行われた第11回エルムS(JPN3/ダ1700m)で、2000年セール出身馬ヒシアトラスが貫禄を見せつけ完勝しました。レースでは、絶好のスタートを決めると道中は2番手を追走。勝負どころから徐々に進出を開始し、抜群の手応えで先頭に立つと猛追してきた2着馬を押さえ込み通算3勝目のGゴールを決めました。6歳秋を迎え、益々走りに磨きがかかるヒシアトラス。更なるステージアップを目指し進化し続けます。
また、当セール取引馬のオーガストバイオも3着に食い込み、最近の地力強化は目覚しく、重賞ウイナーの仲間入りを期待せずにはいられません。

ヒシアトラス号 Hishi Atlas
    ●父 ティンバーカントリー
    ●母 タックスヘイブン ●母父 Alydar
    ●牡6歳 ●美浦・中野隆良厩舎
    ●馬主:阿部 雅一郎 様
    ●千歳・社台ファーム 生産

PAGE TOP

アドマイヤキッス号 Admire Kiss
最高のスタートを切り最後の1冠ダッシュを目指すアドマイヤキッス

2006/09/19

雪辱の秋!アドマイヤキッス ローズS快勝

9月17日(日)中京競馬場で行われた秋華賞トライアル第24回ローズS(JPN2/芝2000m)で、2003年セール取引馬アドマイヤキッスがすばらしい末脚を発揮し快勝しました。レースでは、しっかりと折り合い中団インコースを追走。4コーナーで前が開き鞍上からゴーサインが送られると、抜群の反応で一気に加速し、逃げ込みを図る2着馬をゴール寸前で交わしさりました。春のクラシックでは、共に1番人気に支持されながら、わずかのところで涙をのんだアドマイヤキッス。その雪辱を晴らすべく順調に第一歩を踏み出しました。
また、3着にも当セール取引馬のフサイチパンドラが入り、本番でも上位独占に期待が高まります。

アドマイヤキッス号 Admire Kiss
    ●父 サンデーサイレンス
    ●母 キッスパシオン ●母父 ジェイドロバリー
    ●牝3歳 ●栗東・松田博資厩舎
    ●馬主:近藤 利一 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

アドマイヤムーン号 Admire Moon
春の無念を晴らし秋の大舞台に向けて新たな一歩を踏み出したアドマイヤムーン

2006/08/21

アドマイヤムーン古馬一蹴!札幌記念完勝

8月20日(日)札幌競馬場で行われた夏のチャンピオン決定戦第42回札幌記念(JPN2/芝2000m)で、2003年セール取引馬アドマイヤムーンが、春のクラシックの鬱憤を晴らし快勝しました。道中はスムーズな折り合いを見せ、中団の少し後方を追走。3コーナーから進出を開始し、徐々にポジションを上げながら最後の直線に入ると、メンバー中最速となる上がり33.5秒の末脚を繰り出し、前を行くライバルたちを一気に交わしました。次走は、同世代との戦いとなる菊花賞ではなく、歴戦の古馬が覇権を競う天皇賞・秋。最高の答えを出したアドマイヤムーンが悲願のG1制覇を狙らいます。

アドマイヤムーン号 Admire Moon
    ●父 エンドスウィープ
    ●母 マイケイティーズ ●母父 サンデーサイレンス
    ●牡3歳 ●栗東・松田博資厩舎
    ●馬主:近藤 利一 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

アグネスジェダイ号 Agnes Jedi
抜群の成長力で統一ダート重賞3連勝を決めたアグネスジェダイ

2006/08/15

ダート短距離界不動の中心馬へ!アグネスジェダイ クラスターC制覇

8月14日(月)盛岡競馬場で行われた第11回クラスターカップ(JPN3/ダ1200m)で、2002年セール取引馬アグネスジェダイが優勝し、通算重賞勝ち鞍を「5」に伸ばしました。レースでは、スタートを無難を決めると好位2~3番手を追走。最後の直線に入り、懸命に逃げ込みを図るディバインシルバーとの激戦を制し、先頭でゴールを駆け抜けました。昨夏のサマーチャンピオンで初G制覇を飾ってからちょうど1年。総収得賞金も2億円を超え、心身ともに充実期を迎えたアグネスジェダイが、秋のダート短距離界の主役を務めます。

アグネスジェダイ号 Agnes Jedi
    ●父 アグネスワールド
    ●母 ラッキーパイシーズ ●母父 Crafty Prospector
    ●牡4歳 ●栗東・森秀行厩舎
    ●馬主:渡辺 孝男 様
    ●千歳・社台ファーム 生産

PAGE TOP

ディープインパクト号 Deep Impact
日本中の夢と希望を背負い凱旋門賞に向かうディープインパクト

2006/06/26

いざ決戦の舞台ロンシャンへ!ディープインパクト宝塚記念圧勝

本当に強い馬はどんな条件下でも強さを発揮するもの・・・。名馬の域に達した“この馬”にはそんな言葉がぴったりとくる。6月25日(日)京都競馬場で行われた第47回宝塚記念(G1/芝2200m)で、2002年セール取引馬ディープインパクトが、単勝支持率75.2%という圧倒的な支持に応え、4馬身差で圧勝しました。以前のように出遅れることもなく、難なくスタートを決めると、いつものポジションである後方2番手で1コーナーを通過。残り600mを過ぎたあたりから徐々に進出を開始し、4コーナー手前で外から先頭集団に取りつくと、降りしきる雨をものともせず、馬場の真ん中を堂々と突き抜け、5つ目となるG1タイトルを勝ち取りました。夢の大舞台「凱旋門賞」にむけて、完璧な試走を終えたディープインパクト。この秋、日本最強馬が世界最強馬へと変わるカウントダウンが今ここにはじまりました。また、重賞2勝を挙げている京都コースで、鋭い伸び脚を見せつけ2着に食い込んだナリタセンチュリー、確かな脚取りであわやのシーンを演出したバランスオブゲームが3着に入り、セレクトセール取引馬がワン・ツー・スリーフィニッシュを達成しました。

ディープインパクト号 Deep Impact
    ●父 サンデーサイレンス
    ●母 ウインドインハーヘア ●母父 Alzao
    ●牡4歳 ●栗東・池江泰郎厩舎
    ●馬主:金子真人ホールディングス(株) 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

アグネスジェダイ号 Agnes Jedi
父のスピード能力を受け継ぎダート短距離路線で快進撃を続けるアグネスジェダイ

2006/06/16

本格化の兆し!アグネスジェダイ交流重賞2連勝

6月15日(木)札幌競馬場で行われた第10回北海道スプリントカップ(JPN3/ダ1000m)で、2002年度セール取引馬アグネスジェダイが、さきたま杯に続き交流重賞2連勝を達成しています。レースは3番手をぴったりと追走。勝負どころから早めに追い出し最後の直線へ。オープン特別を快勝し、同レースでも1番人気に支持された僚馬シーキングザベストが追い上げるも、脚色は最後まで衰えることなく先頭でゴールインしました。走りに安定感が増し、本格化の兆しを見せるアグネスジェダイ。次走として予定されているクラスターカップで重賞3連勝を狙うと共にダートスプリント王を目指します。

アグネスジェダイ号 Agnes Jedi
    ●父 アグネスワールド
    ●母 ラッキーパイシーズ ●母父 Crafty Prospector
    ●牡4歳 ●栗東・森秀行厩舎
    ●馬主:渡辺 孝男 様
    ●千歳・社台ファーム 生産

PAGE TOP

アグネスジェダイ号 Agnes Jedi
ダート短距離界のスペシャリストとして充実一途のアグネスジェダイ

2006/06/01

アグネスジェダイ 激戦のさきたま杯を制す!

出走馬12頭中、7頭が重賞勝ち馬という好メンバーが顔を揃え、5月31日(水)浦和競馬場で行われた第10回さきたま杯(JPN3/ダ1400m)で、2002年度セール取引馬アグネスジェダイが、東京盃、サマーチャンピオンに続く重賞3勝目を挙げました。レースは先頭2頭を見ながら絶好位の3番手を追走。逃げた2頭が3コーナーで失速し、先に抜け出した3着馬を直線で捕らえると、最後は1番人気馬と際どい勝負となりましたが、類稀な勝負根性を見せつけハナ差先着を果たしました。今春のドバイ遠征をはじめ、中央、地方とワールドワイドな活躍を見せるアグネスジェダイ。同オーナーで近年の名馬の1頭とされるアグネスデジタルに迫る活躍を期待せずにはいられません。

アグネスジェダイ号 Agnes Jedi
    ●父 アグネスワールド
    ●母 ラッキーパイシーズ ●母父 Crafty Prospector
    ●牡4歳 ●栗東・森秀行厩舎
    ●馬主:渡辺 孝男 様
    ●千歳・社台ファーム 生産

PAGE TOP

ディープインパクト号 Deep Impact
圧倒的なパフォーマンスで4つ目のG1タイトルを獲得したディープインパクト

2006/05/01

ディープインパクト完勝!もう言葉はいらない・・・。

これ以上、強い馬が存在するのだろうか。レースを見た誰もがそう思ったに違いない・・・。4月30日(日)京都競馬場で行われた第133回天皇賞・春(JPN1/芝3200m)で、2002年度セール取引馬ディープインパクトが従来のレコードタイムを1.0秒も更新する圧勝劇を演じ4つ目のG1タイトルを獲得しました。スタートは飛び上がるように出てしまい出遅れるも、菊花賞で見せた折り合いの不安は全く見られず後方二番手を追走。レースは淡々と進み、ペースが落ちた2周目の3コーナーから一気に進出すると、競馬の常識もダブーも打ち砕くロングスパートでライバルたちを捻じ伏せました。見る者に“衝撃と感動”を与え、ますます進化し続けるディープインパクト。日本競馬の夢と希望を背負い、そして世界中にこの“衝撃と感動”を与えるべくトップステージへ羽ばたきます。

ディープインパクト号 Deep Impact
    ●父 サンデーサイレンス
    ●母 ウインドインハーヘア ●母父 Alzao
    ●牡4歳 ●栗東・池江泰郎厩舎
    ●馬主:金子真人ホールディングス(株) 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

アドマイヤメイン号 Admire Main
トライアルを快勝しダービーの有力候補に名乗りを上げたアドマイヤメイン

2006/05/01

完璧な試走を終えダービーの有力候補へ!アドマイヤメイン青葉賞圧勝

4月29日(土)東京競馬場で行われた第13回青葉賞(JPN2/芝2400m)で、2003年度セール取引馬アドマイヤメインが毎日杯に続く重賞2連勝を決めるとともにダービーへの優先出走権を獲得しました。スタートではダッシュがつかず押しながらも先手を奪うと、道中は絶妙なペースに持ち込みレースを進めました。勝負どころとなる3~4コーナーでは、一旦後続を引き付けながら最後の直線に入ると、スパートの合図に鋭く反応し4馬身差の圧勝で本番への試走を終えました。皐月賞への出走権を持ち合わせながらも、夢舞台に照準を合わせ調整されてきたアドマイヤメイン。同じ舞台での完璧な試走を終えた今、目指すはタイトル奪取あるのみです。

アドマイヤメイン号 Admire Main
    ●父 サンデーサイレンス
    ●母 プロモーション ●母父 ヘクタープロテクター
    ●牡3歳 ●栗東・橋田満厩舎
    ●馬主:近藤 利一 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

2006/03/27

ユートピア 砂漠のマイル王決定戦圧勝!

この地を目指したのは3年前・・・。その思いは叶い、そして結実しました。3月25日(金)ドバイ・ナドアルシバ競馬場で行われた第13回ゴドルフィンマイル(G2/ダ1600m)で、2000年度セール取引馬ユートピアが世界の強豪を相手に見事な勝利を収めました。最内枠からスタートを決め先頭を奪うと、内ラチ沿いをピッタリと進み最後の直線へ。鞍上からゴーサインが出るとしっかりとした脚色で後続を突き放し4馬身の着差をつけて日本馬として初の快挙となる海外ダート重賞制覇を達成しました。国際情勢不安から出走を断念せざるを得なかった3年前の夢。憧れ続けた理想郷ドバイの地でユートピアが夢を叶えました。

ユートピア号 Utopia
    ●父 フォーティナイナー ●母 ドリームビジョン
    ●母の父 ノーザンテースト
    ●牡6歳 ●栗東・橋口弘次郎厩舎
    ●馬主:金子真人ホールディングス(株) 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

ヒシアトラス号 Hishi Atlas
得意の距離に戻り格の違いを見せつけ快勝したヒシアトラス

2006/03/27

トップハンデは実力の証!ヒシアトラス マーチSを制す

3月26日(日)中山競馬場で行われた第13回マーチS(JPN3/ダ1800m)で、2000年度セール出身馬ヒシアトラスがトップハンデをものともせず重賞2勝目をマークしました。道中は先頭集団の動きを確認できる好位を追走し、勝負どころから徐々に進出を開始すると、先に抜け出しゴール前で懸命に逃げ込みを図る2着馬をで交わし先頭でゴールを駆け抜けました。大きな怪我もなくコンスタントに走り続け通算勝利数を「9」に伸ばしたヒシアトラス。目標でもあり悲願でもあるG1への階段を着実に登っていきます。

ヒシアトラス号 Hishi Atlas
    ●父 ティンバーカントリー
    ●母 タックスヘイブン ●母父 Alydar
    ●牡6歳 ●美浦・中野隆良厩舎
    ●馬主:阿部 雅一郎 様
    ●千歳・社台ファーム 生産

PAGE TOP

アドマイヤメイン号 Admire Main
好タイムで逃げ切り東上最終切符を手に入れたアドマイヤメイン

2006/03/27

クラシックを目前に良血が目覚めた!アドマイヤメイン毎日杯快勝

3月25日(土)阪神競馬場で行われた第53回毎日杯(JPN3/芝2000m)で、2003年度セール取引馬アドマイヤメインが1番人気に応え優勝しクラシックに名乗りを挙げました。好スタートから先手を奪うと淀みのない流れを作り出し、スタミナ切れで追走に苦しむライバルたちを尻目に、最後まで脚色は衰えることなく見事な逃亡劇を披露しました。試行錯誤を繰り返しながら脚質転換に成功し自分のスタイルを確立させたアドマイヤメイン。希望の光に満ち溢れたこの季節が最も似合う父のラストクロップとして大舞台での活躍を誓います。

アドマイヤメイン号 Admire Main
    ●父 サンデーサイレンス
    ●母 プロモーション ●母父 ヘクタープロテクター
    ●牡3歳 ●栗東・橋田満厩舎
    ●馬主:近藤 利一 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

ディープインパクト号 Deep Impact
圧巻のパフォーマンスで2006年のスタートを飾ったディープインパクト

2006/03/20

敗戦を糧に逞しく成長!ディープインパクト阪神大賞典圧勝

クラシックで魅せたあの胸のすくような末脚が蘇った・・・。3月19日(日)阪神競馬場で行われた第54回阪神大賞典(G2/芝3000m)で、2002年セール取引馬ディープインパクトが異次元の強さを見せつけ単勝1.1倍の断然人気に応え圧勝しました。出遅れることなくスムーズなスタートを切ると1周目のゴールラインを後ろから3番手で通過。鞍上になだめられながら少しずつポジションを上げラスト800mから一気にスパートをかけると、まるで他馬が止まって見えるほどの勢いで先頭集団を呑み込み先頭へ。直線ではジョッキーがターフビジョンで後続との差を確認すると最後は抑えたままゴール板を通過しました。唯一の敗戦を喫した有馬記念から2ヵ月半。屈辱をバネに新しい一歩を踏み出したディープインパクトが国内統一に王手を掛けるとともに海外への扉を力強く押し開けました。

ディープインパクト号 Deep Impact
    ●父 サンデーサイレンス
    ●母 ウインドインハーヘア ●母父 Alzao
    ●牡4歳 ●栗東・池江泰郎厩舎
    ●馬主:金子真人ホールディングス(株) 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

アドマイヤムーン号 Admire Moon
唯一の敗戦を喫した相手にリベンジを果たし皐月賞に王手をかけたアドマイヤムーン

2006/03/06

登竜門レース2連勝でクラシック王手!アドマイヤムーン弥生賞完勝

競馬サークルのみならず日本中に衝撃と感動を与えたディープインパクトが制してはや1年・・・。今年のクラシック戦線もセール取引馬を中心に動きそうな予感がします。3月5日(日)中山競馬場で行われた皐月賞トライアル第43回弥生賞(JPN2/芝2000m)で、2003年度セール取引馬アドマイヤムーンが快勝し、共同通信杯に続き重賞2連勝を達成しています。レースでは、これまで唯一の敗戦を喫したサクラメガワンダーを動き見ながら後方2番手を追走。3コーナーから同馬と馬体を並べて上がっていき、直線入口であっと言う間に置き去りにすると前を行く2着馬を猛然と追い込み最重要トライアルレースを制しました。前走で2歳チャンピオンのフサイチリシャールを破り、皐月賞と同じ舞台でサクラメガワンダーに借りを返したアドマイヤムーン。名実ともに最有力候補としてクラシック戦線を突き進みます。

アドマイヤムーン号 Admire Moon
    ●父 エンドスウィープ
    ●母 マイケイティーズ ●母父 サンデーサイレンス
    ●牡3歳 ●栗東・松田博資厩舎
    ●馬主:近藤 利一 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

アドマイヤキッス号 Admire Kiss
桜花賞と同じ舞台を快勝し最有力候補に躍り出たアドマイヤキッス

2006/03/06

一躍桜候補へ!アドマイヤキッス チューリップ賞快勝

3月4日(土)阪神競馬場で行われた桜花賞トライアル第13回チューリップ賞(JPN3/芝1600m)で、2003年度セール取引馬アドマイヤキッスが待望の初重賞制覇を飾りました。レースは後方を追走。阪神マイル戦でよく言われる「外枠不利」をものともせず3コーナーから一気に加速し直線入口で先頭に並びかけると、内で粘る2着馬の追撃を封じ込め優先出走権を獲得するとともに一躍最有力候補に躍り出ました。6ヶ月休養明け、馬体重プラス18kgなど厳しい条件を克服し最高の形で本番への切符を手にしたアドマイヤキッス。これまで数え切れない名馬を輩出した父のラストクロップが、1ヵ月後に迫った桜満開の大舞台でヒロインの座を目指します。

アドマイヤキッス号 Admire Kiss
    ●父 サンデーサイレンス
    ●母 キッスパシオン ●母父 ジェイドロバリー
    ●牝3歳 ●栗東・松田博資厩舎
    ●馬主:近藤 利一 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

バランスオブゲーム号 Balance of Game
低評価を覆し中山記念連覇を果たしたバランスオブゲーム

2006/02/27

鮮やかに決めた逃走劇!バランスオブゲーム中山記念連覇

2月26日(日)中山競馬場で行われた第80回中山記念(JPN2/芝1800m)で、1999年度セール取引馬バランスオブゲームがG1馬3頭を抑え連覇を達成しています。好スタートから主導権を握ると、道悪を気にするライバル馬を尻目に絶妙のペースで逃げ切り通算6勝目となる重賞のゴールを駆け抜けました。新潟2歳Sを制して以来、毎年重賞を制し第一線で走り続けるバランスオブゲーム。年齢的にもラストチャンスと思われる今年、悲願のG1制覇を目指し安田記念に駒を進めます。

バランスオブゲーム号 Balance of Game
    ●父 フサイチコンコルド
    ●母 ホールオブフェーム ●母父 アレミロード
    ●牡7歳 ●美浦・宗像義忠厩舎
    ●馬主:薗部 博之 様
    ●浦河・ヤマダファーム 生産

PAGE TOP

カネヒキリ号 Kane Hekili
4つ目のG1タイトルを獲得しダート界最強の地位を確たるものにしたカネヒキリ

2006/02/20

そして世界へ・・・。カネヒキリ フェブラリーS圧勝!

2月19日(日)東京競馬場で行われた第23回フェブラリーS(JPN1/ダ1600m)で、2002年セール取引馬カネヒキリが、最優秀ダートホースの貫禄を見せつけ優勝しました。レースは、先行馬2頭がハイペースでレースを引っ張る中、中団外めを追走。直線に入ると、大きなストライドを目一杯に伸ばし、あっという間に先頭集団に並びかけると、ジャパンカップダートでハナ差の死闘を演じたライバルを一瞬のうちに置き去りにしゴールを駆け抜けました。この勝利で、国内最強を再認識させるとともに、また一歩大きな目標に近づいたカネヒキリ。日本代表として「世界制覇」を目指しドバイワールドカップに挑戦します。

カネヒキリ号 Kane Hekili
    ●父 フジキセキ
    ●母 ライフアウトゼア ●母父 Deputy Minister
    ●牡4歳 ●栗東・角居勝彦厩舎
    ●馬主:金子真人ホールディングス(株) 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

アドマイヤムーン号 Admire Moon
クラシックへの登竜門を制し最有力候補に躍り出たアドマイヤムーン

2006/02/06

クラシック最有力候補へ!アドマイヤムーン共同通信杯快勝

2月5日(日)東京競馬場で行われた第40回共同通信杯(JPN3/芝1800m)で、2003年度セール取引馬アドマイヤムーンが優勝し、札幌2歳Sに続き重賞2勝目を挙げました。レースは、前を行くライバルたちを見ながら中団を追走。抜群の手応えを残したまま直線へ向かうとラスト200mから一気に加速し、ゴール前で逃げ込みを図るフサイチリシャールを捕らえ先頭でゴール板を駆け抜けました。初の長距離輸送や左廻りなど様々な課題を克服し皐月賞の最有力候補に躍り出たアドマイヤムーン。自在に立ち回れるレースセンスと確実に繰り出される末脚を武器にクラシック制覇を目指します。

アドマイヤムーン号 Admire Moon
    ●父 エンドスウィープ
    ●母 マイケイティーズ ●母父 サンデーサイレンス
    ●牡3歳 ●栗東・松田博資厩舎
    ●馬主:近藤 利一 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

2006/01/11

2005年度JRA賞にセール出身馬4頭が選出!

JRA日本中央競馬会は1月10日、2005年度のJRA賞受賞馬選考委員会を開き、各部門の受賞馬を発表しました。
セレクトセール出身馬では、21年ぶり史上2頭目となる無敗でのクラシック3冠を達成し、日本中に衝撃と感動を与えたディープインパクトが「年度代表馬」および「最優秀3歳牡馬」のダブル受賞を果たし、海外G1制覇の快挙を成し遂げたハットトリックが「最優秀短距離馬」、同賞受賞会見で調教師よりドバイワールドカップ参戦が発表され、期待がますます膨らむカネヒキリは「最優秀ダートホース」、4連勝で朝日杯フューチュリティSを快勝し、新種牡馬クロフネに初のG1タイトルをもたらしたフサイチリシャールが「最優秀2歳牡馬」にそれぞれ選出されました。


【年度代表馬および最優秀3歳牡馬】
ディープインパクト [牡3歳]
父サンデーサイレンス 母ウインドインハーヘア(by Alzao)
●馬主:金子真人ホールディングス(株) 様 ●調教師:栗東・池江 泰郎 様
●生産者:ノーザンファーム 様
●2005年度成績:8戦7勝
●2005年度主な勝ち鞍:日本ダービー(JPN1)、菊花賞(JPN1)、皐月賞(JPN1)

【最優秀短距離馬】
ハットトリック [牡4歳]
父サンデーサイレンス 母トリッキーコード(by Lost Code)
●馬主:(有)キャロットファーム 様 ●調教師:栗東・角居 勝彦 様
●生産者:追分ファーム 様
●2005年度成績:8戦4勝
●2005年度主な勝ち鞍:香港マイル(G1)、マイルチャンピオンシップ(G1)

【最優秀ダートホース】 
カネヒキリ [牡3歳]
父フジキセキ 母ライフアウトゼア(by Deputy Minister)
●馬主:金子真人ホールディングス(株) ●調教師:栗東・角居 勝彦 様
●生産者:ノーザンファーム 様
●2005年度成績:9戦7勝
●2005年度主な勝ち鞍:ジャパンCダート(JPN1)、ダービーグランプリ(JPN1)、ジャパンダートダービー(JPN1)

【最優秀2歳牡馬】
フサイチリシャール [牡2歳]
父クロフネ 母フサイチエアデール(by サンデーサイレンス)
●馬主:関口 房朗 様 ●調教師:松田 国英 様
●生産者:ノーザンファーム 様
●2005年度成績:5戦4勝
●2005年度主な勝ち鞍:朝日杯フューチュリティS(JPN1)、東京スポーツ杯2歳S(JPN3)

PAGE TOP



SELECT SALE取引馬 重賞レース勝馬

デアリングタクト号

秋華賞 G1
SELECT SALE取引馬イメージ
父:エピファネイア
母:デアリングバード
母父:キングカメハメハ
2018年セレクトセール取引馬
落札価格 1,200万円

2006年のJRHAニュース



歴代G1勝ち馬

Stallions in Japan

サイアーライン