現在表示しているページの位置

JRHAニュース

オーシャンブルー号 Ocean Blue
充実一途のオーシャンブルーが重賞初V

2012/12/03

オーシャンブルーがコースレコードで金鯱賞快勝!

12月1日(土)中京競馬場で行われたG2第48回金鯱賞(芝2000m)で、2008年当歳セール取引馬オーシャンブルーが快勝しました。
スタートは五分に出ましたが行き脚がつかず、後方4頭目で1コーナーを回りました。最初の1000mは61.6秒のスローペースでしたが、折り合いを欠くことなく後方内側で脚を溜めました。直線に入り、鞍上はわずかに出来たインコースの隙間を見逃すことなく馬を導くと、素晴らしい末脚で抜け出し、先頭でゴールを駆け抜けました。
待望の重賞初タイトルをコースレコードで飾ったオーシャンブルー。名種牡馬の地位を不動のものにしたステイゴールドから新たなスター候補が出現しました。

オーシャンブルー号 Ocean Blue カタログ掲載画像
    ●父 ステイゴールド
    ●母 プアプー ●母父 Dashing Blade
    ●牡4歳 ●栗東・池江泰寿厩舎
    ●馬主:青芝商事㈱ 様
    ●千歳・社台ファーム 生産

PAGE TOP

ハクサンムーン号 Hakusan Moon
鮮やかな逃げ切り勝ちを収めたハクサンムーン

2012/11/26

ハクサンムーン京阪杯で重賞初V!

11月24日(土)京都競馬場で行われたG3第57回京阪杯(芝1200m)で、2009年セール当歳セール取引馬ハクサンムーンが優勝しました。
最内枠から好スタートを決めると、自分の形である「単騎逃げ」に持ち込み主導権を奪いました。その後も競りかけてくる馬はおらず、リラックスした走りで最初の3ハロンを34.3秒で通過。余裕たっぷりの手応えで直線に入ると、最後まで脚色は鈍らず、そのまま後続の追撃を振り切りました。
父のパワーと母父の卓越したスピードが上手くミックスされ、見事に重賞ウイナーの仲間入りを果たしたハクサンムーン。来春のビッグタイトルを意識させるスター候補が誕生しました。

ハクサンムーン号 Hakusan Moon カタログ掲載画像
    ●父 アドマイヤムーン
    ●母 チリエージェ ●母父 サクラバクシンオー
    ●牡3歳 ●栗東・西園正都厩舎
    ●馬主:河崎 五市 様
    ●日高・白井牧場 生産

PAGE TOP

ピイラニハイウェイ号 Piilani Highway
ピイラニハイウェイが重賞2勝目を獲得し古豪健在をアピール

2012/11/22

ピイラニハイウェイ重賞2勝目!

11月21日(水)浦和競馬場行われたJPN2第33回浦和記念(ダ2000m)で、2005年セール取引馬ピイラニハイウェイが優勝しました。
外枠でしたが、好スタートを決めると、好位のインで流れに乗りました。小回りコースゆえに器用さが求められるレースですが、向こう正面から進出を開始し、4コーナーを2番手で回ると、逃げ込みを図る2着馬を捕らえて1馬身抜け出す完勝劇を演じました。
7歳にして2つ目の重賞タイトルを獲得したピイラニハイウェイ。年齢を重ねるごとに輝きを増す古豪の走りに今後もご注目下さい。

ピイラニハイウェイ号 Piilani Highway
    ●父 Silver Deputy
    ●母 トロピカルブラッサム ●母父 サンダーガルチ
    ●牡7歳 ●栗東・吉田直弘厩舎
    ●馬主:金子真人ホールディングス(株) 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

サダムパテック号 Sadamu Patek
秋の最強マイラーに輝いたサダムパテック

2012/11/19

サダムパテック念願のG1制覇!

11月18日(日)京都競馬場で行われた秋のマイル王決定戦G1第29回マイルチャンピオンシップ(芝1600m)で、2009年1歳セール取引馬サダムパテックが優勝しました。
1番枠から五分にスタートに切ると、中団より少し前の内ラチ沿いで流れに乗りました。前日の降雨で他馬が外に持ち出そうとする荒れた馬場でしたが、鞍上は4コーナーでもピタリと内を回り最後の直線へ。直線半ばで僅かに出来たスペースを逃さず、馬群をこじ開け先頭に躍り出ると、外から強襲してきたグランプリボスを首差抑えてゴールを駆け抜けました。
7度目の挑戦で念願のビッグタイトルを獲得したサダムパテック。次走は香港マイル(12/9 シャティン競馬場)への遠征も視野に入れられており、今後の動向から目が離せません。
また、2着にも当セール取引馬のグランプリボスが入り、重賞では今年3度目となるワン・ツーフィニッシュとなりました。

サダムパテック号 Sadamu Patek カタログ掲載画像
    ●父 フジキセキ
    ●母 サマーナイトシティ ●母父 エリシオ
    ●牡4歳 ●栗東・西園正都厩舎
    ●馬主:大西 定 様
    ●白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム 生産

PAGE TOP

タイセイレジェンド号 Taisei Legend
3馬身差の圧勝で逃げ切ったタイセイレジェンド

2012/11/06

頂点奪取!タイセレイレジェンドJBCスプリント制覇

11月5日(月)川崎競馬場で行われたダート短距離王決定戦JPN1第12回JBCスプリント(ダ1400m)で、2008年1歳セール取引馬タイセイレジェンドが優勝し、初のビッグタイトルを手にしました。
抜群のスタートからダッシュを利かせて先頭を奪いマイペースに持ち込みました。道中は後ろを引き付けながら、余力十分に直線に入ると、懸命に追いかける後続を尻目に、もうひと伸びしてゴールに飛び込みました。
従来の記録を0.2秒上回るコースレコードで駆け抜け、新ダート・スプリント王の座に就いたタイセイレジェンド。次走のフェブラリーSで「統一チャンピオン」を目指します。

タイセイレジェンド号 Taisei Legend カタログ掲載画像
    ●父 キングカメハメハ
    ●母 シャープキック ●母父 メジロマックイーン
    ●牡5歳 ●栗東・矢作芳人厩舎
    ●馬主:田中 成奉 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

グランプリボス号 Grand Prix Boss
異次元の末脚を繰り出したグランプリボスが4つ目の重賞タイトルを獲得

2012/10/29

グランプリボス復活V!いざマイルCSへ

10月27日(土)京都競馬場で行われたG2第55回スワンS(芝1400m)で、2008年当歳セール取引馬グランプリボスがG1馬の貫録を見せつけ重賞4勝目を飾りました。
絶好のスタートを切りましたが、無理せず先行馬を行かせて中団にポジションを取りました。道中は少し行きたがる素振りを見せましたが、鞍上がガッチリ抑えて脚を溜めました。最後の直線に入ると、4コーナーを先頭と2番手で回った2頭が脚を伸ばし、後方からレースを進めた馬には厳しい展開となりましたが、メンバー最速の末脚を繰り出し、豪快に差し切りました。
昨年のNHKマイルC以来の勝ち星を上げ、鮮やかに復活を遂げたグランプリボス。次走は秋のマイル王決定戦マイルCSでG1・3勝目を狙います。

グランプリボス号 Grand Prix Boss カタログ掲載画像
    ●父 サクラバクシンオー
    ●母 ロージーミスト ●母父 サンデーサイレンス
    ●牡4歳 ●栗東・矢作芳人厩舎
    ●馬主:(株)グランプリ 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

カレンブラックヒル号 Curren Black Hill
父譲りの渋太い末脚で秋初戦を快勝したカレンブラックヒル

2012/10/09

3歳マイル王が好発進!カレンブラックヒル毎日王冠快勝

10月7日(日)東京競馬場で行われたG2第63回毎日王冠(芝1800m)で、2009年当歳セール取引馬カレンブラックヒルがデビューから無敗の5連勝を飾りました。
好スタートを決めると、逃げた馬を見ながら、好位3番手で流れに乗りました。
最初の1000mが57.8秒というハイペースでしたが、慌てず騒がずマイペースを守って最後の直線へ。先行馬を交わし逃げ込みを図りますが、ラスト300mで後続馬に飲み込まれそうになりました。しかし、そこからもう一度脚を伸ばし、外から迫ったジャスタウェイの追撃を抑え先頭でゴールを駆け抜けました。
3歳馬ながら堂々たる内容で、歴戦の古馬を一蹴したカレンブラックヒル。次走では、前人未到の無敗での天皇賞制覇に挑みます。
また、2着にはジャスタウェイが入り、セール取引馬によるワン・ツーフィニッシュとなりました。

カレンブラックヒル号 Curren Black Hill カタログ掲載画像
    ●父 ダイワメジャー
    ●母 チャールストンハーバー ●母父 Grindstone
    ●牡3歳 ●栗東・平田修厩舎
    ●馬主:鈴木 隆司 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

ナイスミーチュー号 Nice Meet You
眠っていた高素質をダートで開花させたナイスミーチュー

2012/10/01

ダート界に新星誕生の予感!ナイスミーチュー重賞初V

9月29日(土)阪神競馬場で行われたG3第16回シリウスS(ダ2000m)で、2007年当歳セール取引馬ナイスミーチューが優勝しました。
スタートを決めると、長いホームストレッチでの先行争いを窺いながら中団にポジションを取りました。その後もレースは淡々と進み、勝負どころから各馬がポジションアップしていく直後で4コーナーを回ると、外から鋭い末脚を繰り出し、先に抜け出した2着馬を鮮やかに差し切りました。
ダートに矛先を向けてから勝ち星を積み上げ、瞬く間に重賞制覇を飾ったナイスミーチュー。ダート界に新星誕生を予感させる勝利となりました。

ナイスミーチュー号 Nice Meet You カタログ掲載画像
    ●父 キングカメハメハ
    ●母 ローザロバータ ●母父 Fire Maker
    ●牡5歳 ●栗東・橋口弘次郎厩舎
    ●馬主:(株)ダノックス 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

ナカヤマナイト号 Nakayama Knight
共同通信杯に続く重賞2勝目をマークしたナカヤマナイト

2012/09/24

ナカヤマナイト一皮むけた走りでオールカマー快勝!

9月23日(日)中山競馬場で行われたG2第58回オールカマー(芝2200m)で、2009年1歳セール取引馬ナカヤマナイトが重賞2勝目をマークしました。
土砂降りの中、スタートが切られると、中団で折り合い流れに乗りました。ぬかるんだ馬場を苦にすることなく、3コーナーから進出を開始すると、抜群の手応えを残したまま最後の直線へ。先に抜け出した2着馬を坂上で競り落とし、そのまま後続の追撃も振り切りました。
父の成長力を受け継ぎ、一夏越して逞しい姿を披露したナカヤマナイト。クラシックを沸かせた素質馬が、秋の大舞台に向けて再び狼煙を上げました。

ナカヤマナイト号 Nakayama Knight カタログ掲載画像
    ●父 ステイゴールド
    ●母 フィジーガール ●母父 カコイーシーズ
    ●牡4歳 ●美浦・二ノ宮敬宇厩舎
    ●馬主:和泉 信一 様
    ●日高・(有)沖田牧場 生産

PAGE TOP

タイセイレジェンド号 Taisei Legend
後続に6馬身の差をつけて快勝したタイセイレジェンド

2012/08/15

クラスターCでワン・ツー・スリーフィニッシュ!

8月14日(火)盛岡競馬場で行われたJPN3第17回クラスターC(ダ1200m)で、2008年1歳セール取引馬タイセイレジェンドが重賞初制覇を飾りました。
スタートが切られると、競り掛けてくる馬もおらず先手を奪いました。そのままマイペースに持ち込み直線に入ると、後続馬が懸命に先頭を追いましたが、その差は詰まるどころかますます広がり、楽々とゴールを駆け抜けました。
単勝1.9倍の断然人気に応えて、見事に重賞ウイナーの仲間入りを果たしたタイセイレジェンド。ダート短距離界に楽しみな新星が誕生しました。
また、2・3着にもセール取引馬のセレスハントとアイルラヴァゲインが入り、6月のエプソムCに続き、今年2度目のワン・ツー・スリーフィニッシュとなりました。

タイセイレジェンド号 Taisei Legend カタログ掲載画像
    ●父 キングカメハメハ
    ●母 シャープキック ●母父 メジロマックイーン
    ●牡5歳 ●栗東・矢作芳人厩舎
    ●馬主:田中 成奉 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

アイムユアーズ号 I'm Yours
秋華賞に向けて最高のスタートを切ったアイムユアーズ

2012/07/31

古馬勢を難なく撃破!アイムユアーズ重賞3勝目

7月29日(日)札幌競馬場で行われたG3第60回クイーンS(芝1800m)で、2010年1歳セール取引馬アイムユアーズが1番人気に応えて快勝しました。
好スタートを決めると、先行馬を行かせて中団の外目につけました。道中も落ち着いた走りでスムーズに追走し、3角から進出を開始。直線に入ると、しっかりとした末脚で抜け出し後続の追撃も封じました。
プラス24kgと発表された馬体重は「成長の証」と言わんばかりの強さを見せつけ、歴戦の古馬勢をあっさりと撃破したアイムユアーズ。念願のG1制覇に向けて順調な滑り出しとなりました。

アイムユアーズ号 I'm Yours カタログ掲載画像
    ●父 ファルブラヴ
    ●母 セシルブルース ●母父 エルコンドルパサー
    ●牝3歳 ●美浦・手塚貴久厩舎
    ●馬主:ユアストーリー 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

セレスハント号 Ceres Hunt
暑さとともに調子を上げて3つ目のタイトルを奪取したセレスハント

2012/06/18

セレスハント重賞3勝目!

6月14日(木)門別競馬場で行われたJPN3第16回北海道スプリントC(ダ1200m)で、2006年1歳セール取引馬セレスハントが快勝しました。
道中は中団の内々でロスなくレースを進めました。3コーナーから少しずつ進出を開始し直線に入ると、最内を鋭く伸びてゴールに飛び込みました。
この勝利でサマーチャンピオン、東京スプリントに続く重賞3勝目を飾ったセレスハント。7歳となりましたが、まだまだ「古豪健在」をアピールする強さを見せつけました。

セレスハント号 Ceres Hunt
    ●父 コロナドズクエスト
    ●母 エリモシンフォニー ●母父 Blushing Groom
    ●牡7歳 ●栗東・松永幹夫厩舎
    ●馬主:岡 浩二 様
    ●えりも・(有)エクセルマネジメント 生産

PAGE TOP

トーセンレーヴ号 Tosen Reve
母ビワハイジが生んだ重賞勝ち馬はトーセンレーヴで5頭目

2012/06/11

待望の重賞初V!トーセンレーヴがエプソムC快勝

6月10日(日)東京競馬場で行われたG3第29回エプソムC(芝1800m)で、2008年当歳セール取引馬トーセンレーヴが1番人気に応えて待望の重賞初勝利を飾りました。
好スタートを切ると先頭を窺う勢いでしたが、逃げた馬に行かせて2番手に控えました。その後も馬が行きたがる素振り見せてましたが、鞍上が抑える我慢のレースとなりました。直線では、荒れた馬場を考慮して外に持ち出されると、力強い末脚を繰り出し先頭に。最後は外から2着馬が詰め寄りましたが、その追撃を振り切り先頭でゴールを駆け抜けました。
半姉ブエナビスタを筆頭に、ブラックタイプ馬がぎっしりと名を連ねる日本屈指の良血トーセンレーヴ。生れた瞬間から活躍を宿命づけられた良血馬が、大舞台での「夢」の実現に向けてスタートラインに立ちました。
また2、3着にも当セール取引馬ダノンシャークとマイネルスターリーが入り、昨年の天皇賞・秋に続く、重賞ワン・ツー・スリーフィニッシュとなりました。

トーセンレーヴ号 Tosen Reve カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 ビワハイジ ●母父 Caerleon
    ●牡4歳 ●栗東・池江泰寿厩舎
    ●馬主:島川 隆哉 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

ストローハット号 Straw Hat
砂の舞台で一変し2連勝で重賞Vを決めたストローハット

2012/06/04

ダート界に新星誕生!ストローハットがユニコーンS快勝

6月3日(日)東京競馬場で行われたG3第17回ユニコーンS(ダ1600m)で、
2009年当歳セール取引馬ストローハットが1番人気に応えて優勝しました。
スタートから主導権争いが激化し、前半3ハロン35.0秒というハイペースの後方を追走しました。その後もレースはハイラップを刻み、勝負は最後の直線へ。先行した馬たちが息切れし、ゴール前では後方待機馬が一気に台頭しましたが、その混戦を悠々と抜け出し先頭でゴールインしました。
同じ父に同馬主、長きに渡りダート界を席巻したカネヒキリを連想させるパフォーマンスで重賞初Vを飾ったストローハット。偉大なる先輩に肩を並べるだけの素質を感じさせる見事な勝利となりました。

ストローハット号 Straw Hat カタログ掲載画像
    ●父 フジキセキ
    ●母 ウォートルベリー ●母父 Starborough
    ●牡3歳 ●美浦・堀宣行厩舎
    ●馬主:金子真人ホールディングス(株) 様
    ●千歳・社台ファーム 生産

PAGE TOP

ディープブリランテ号 Deep Brillante
皐月賞の無念を晴らし世代の頂点に立ったディープブリランテ

2012/05/28

父子2代制覇!ディープブリランテ日本ダービーV

世界で大ブレイク中のディープインパクト産駒の勢いは留まるところを知らない。
5月27日(日)東京競馬場で行われたG1第79回日本ダービー(芝2400m)で、2009年当歳セール取引馬ディープブリランテがゴール前の激戦を制し、3歳馬7572頭の頂点に立ちました。
好スタートから一瞬行きたがる素振りを見せましたが、陣営の努力が実を結び内ラチ沿いの4番手でピタリと折り合い流れに乗りました。最初の1000mが59.1秒と少し速いペースになったことあり、その後も折り合いを欠くことなく最後の直線へ。先に抜け出した3着馬トーセンホマレボシに残り300mで並びかけ、鞍上からの叱咤激励に応えて先頭に躍り出ると、外から猛追してきた2着馬をハナ差抑えて歓喜のゴールに飛び込みました。
偉大な父のレースレコードに次ぐ好タイムで「ダービー馬」の称号を手に入れたディープブリランテ。底知れぬポテンシャルを秘める天才ランナーは、これからもますます輝きを放つことでしょう。

ディープブリランテ号 Deep Brillante カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 ラヴアンドバブルズ ●母父 Loup Sauvage
    ●牡3歳 ●栗東・矢作芳人厩舎
    ●馬主:(有)サンデーレーシング 様
    ●新冠・(有)パカパカファーム 生産

PAGE TOP

サダムパテック号 Sadamu Patek
強烈な末脚で3つ目の重賞タイトルを獲得したサダムパテック

2012/05/14

実績馬復活!サダムパテック京王杯SC快勝

5月12日(土)東京競馬場で行われたG2第57回京王杯スプリングC(芝1400m)で、2009年1歳セール取引馬サダムパテックが快勝しました。
レースは序盤から激しい先行争いが繰り広げられる中、中団より少し後ろにポジションを取りました。その後もハイペースで流れたレースは最後の直線へ。
先行馬の脚色が鈍りはじめた残り300mからは、馬群が横一線に広がる大混戦となりましたが、鋭い末脚で抜け出し後続の追撃も振り切りました。
クラシック戦線では三冠馬オルフェーヴルらと接戦を繰り広げ、高い能力を見せつけながらもビッグタイトルには手が届かなかったサダムパテック。久々の勝利で輝きを取り戻した実績馬が、またG1の大舞台に戻ってきました。

サダムパテック号 Sadamu Patek カタログ掲載画像
    ●父 フジキセキ
    ●母 サマーナイトシティ ●母父 エリシオ
    ●牡4歳 ●栗東・西園正都厩舎
    ●馬主:大西 定 様
    ●白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム 生産

PAGE TOP

カレンブラックヒル号 Curren Black Hill
性能の違いで後続を3馬身半置き去りにしたカレンブラックヒル

2012/05/07

無敗の3歳マイル王誕生!カレンブラックヒルNHKマイルC制覇

5月6日(日)東京競馬場で行われた3歳マイル王決定戦G1第17回NHKマイルC(芝1600m)で、2009年当歳セール取引馬カレンブラックヒルが4戦無敗で優勝しました。
好スタートから先頭に立ち、前半の1000mを59.9秒のマイペースに持ち込み主導権を握りました。絶好の手応えを残して直線に入り、鞍上からゴーサインが送られると、見る見るうちに後続との差を拡げ先頭でゴールを駆け抜けました。
「逃げ切ることが難しい」とされる府中のマイル戦を横綱相撲で押し切って見せたカレンブラックヒル。父譲りの類い稀なパワーとスピードを武器に更なる高みを目指します。

カレンブラックヒル号 Curren Black Hill カタログ掲載画像
    ●父 ダイワメジャー
    ●母 チャールストンハーバー ●母父 Grindstone
    ●牡3歳 ●栗東・平田修厩舎
    ●馬主:鈴木 隆司 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

トーセンホマレボシ号 Tosen Homareboshi
圧巻のパフォーマンスで重賞制覇を飾ったトーセンホマレボシ

2012/05/07

西から新星出現!トーセンホマレボシ京都新聞杯完勝

5月5日(土)京都競馬場で行われたG2第60回京都新聞杯(芝2200m)で、
2009年当歳セール取引馬トーセンホマレボシが、従来の記録を0.1秒更新する日本レコードで優勝しました。
絶好のコンディションの中でスタートが切られると、2番手で積極的にレースを進めました。3~4角にかけて無理なく進出し最終コーナーを回ると、直線では力強いストライドで末脚を伸ばし、後続の追撃も封じてそのまま押し切りました。
出走毎にレース内容が良化して右高上がりの成長曲線を辿るトーセンホマレボシ。ダービーに向けて、また1頭楽しみな馬が出現しました。

トーセンホマレボシ号 Tosen Homareboshi カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 エヴリウィスパー ●母父 ノーザンテースト
    ●牡3歳 ●栗東・池江泰寿厩舎
    ●馬主:島川 隆哉 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

カレンブラックヒル号 Curren Black Hill
無傷の3連勝でNHKマイルCに名乗りを上げたカレンブラックヒル

2012/04/09

無敗で重賞初V!カレンブラックヒルNZT圧勝

4月7日(土)中山競馬場で行われたG2第30回ニュージーランドトロフィー(芝1600m)で、2009年当歳セール取引馬カレンブラックヒルが圧勝しました。
好スタートから先頭を窺う勢いでしたが、外の馬を先に行かせて3番手の内側にポジションと取りました。スムーズに流れに乗り、最後の直線に入ると、鞍上からのゴーサインに素早く反応して瞬時に抜け出し、2着に2馬身半の着差をつけて完封しました。
荒れた馬場も父譲りのパワーで難なくこなし、無傷の3連勝で重賞制覇を達成したカレンブラックヒル。次走の3歳マイル王決定戦で一気に世代の頂点を目指します。

カレンブラックヒル号 Curren Black Hill カタログ掲載画像
    ●父 ダイワメジャー
    ●母 チャールストンハーバー ●母父 Grindstone
    ●牡3歳 ●栗東・平田修厩舎
    ●馬主:鈴木 隆司 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

クィーンズバーン号 Queen's Barn
同期の桜の女王以下を完封して重賞初Vを決めたクィーンズバーン

2012/04/09

見事な逃走劇!クィーンズバーン阪神牝馬S快勝

4月7日(土)阪神競馬場で行われたG2第55回阪神牝馬S(芝1400m)で、2009年1歳セール取引馬クィーンズバーンが11番人気の低評価を覆して優勝しました。
ハイペースが予想されるメンバー構成でしたが、好スタートからダッシュを利かせて主導権を奪いました。道中も絶妙なラップを刻み、マイペースのまま直線を迎えると、最後まで脚色は衰えることなく、後続の追撃を振り切りました。
準オープンクラスからの格上挑戦ながらも、見事な逃走劇で重賞タイトルを奪取したクィーンズバーン。古牝馬路線に誕生した新星が、今後どのような成長曲線を描くのか楽しみでなりません。

クィーンズバーン号 Queen's Barn カタログ掲載画像
    ●父 スペシャルウィーク
    ●母 シンコウエンジェル ●母父 オジジアン
    ●牝4歳 ●栗東・浅見秀一厩舎
    ●馬主:林 正道 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

カレンチャン号 Curren Chan
ビリーヴに続く史上2頭目の秋→春スプリントG1を制したカレンチャン

2012/03/26

カレンチャンがスプリントG1連勝!

3月25日(日)リニュアルオープンした中京競馬場で2年ぶりに行われたG1第42回高松宮記念(芝1200m)で、2007年当歳セール取引馬カレンチャンが貫録を見せつけ優勝しました。
抜群のスタートを決めて2番手を追走し、道中は折り合いを欠くところもなくスムーズに流れに乗り、絶好の手応えで直線に入りました。改装により坂が作られ、412.5mに伸びたホームストレートを力強く駆け抜け直線半ばで先頭に立つと、後続の追撃も振り切り先頭でゴールを飛び込みました。
昨年の「最優秀短距離馬」の名に恥じない走りを披露してスプリントG1を2連勝したカレンチャン。次走は再度の海外遠征も視野に入れられており、今後の動向から目が離せません。

カレンチャン号 Curren Chan カタログ掲載画像
    ●父 クロフネ
    ●母 スプリングチケット ●母父 トニービン
    ●牝5歳 ●栗東・安田隆行厩舎
    ●馬主:鈴木 隆司 様
    ●千歳・社台ファーム 生産

PAGE TOP

アイムユアーズ号 I'm Yours
1番人気に応えてトライアルを快勝したアイムユアーズ

2012/03/12

桜の舞台へ視界良好!アイムユアーズがフィリーズR完勝

3月11日(日)阪神競馬場で行われたG2第46回フィリーズレビュー(芝1400m)で、2010年1歳セール取引馬アイムユアーズが2つ目の重賞タイトルを獲得しました。
レース前から降りだした雨により、良馬場発表ながらタフなコンディションの中、好スタートを決めると道中は3番手のインコースで流れに乗りました。楽な手応えのまま直線に入り、満を持して追い出されると、力強く抜け出し後続の追撃も封じ込めました。
はっきりと成長の跡を覗わせ、正攻法の競馬でトライアルを制したアイムユアーズ。世代No.1の実力を桜の大舞台で実証してくれるに違いありません。

アイムユアーズ号 I'm Yours カタログ掲載画像
    ●父 ファルブラヴ
    ●母 セシルブルース ●母父 エルコンドルパサー
    ●牝3歳 ●美浦・手塚貴久厩舎
    ●馬主:ユアストーリー 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

ジャスタウェイ号 Just a Way
次元の違う末脚でライバルたちを一蹴したジャスタウェイ

2012/02/28

ジャスタウェイ初重賞V!

2月25日(土)阪神競馬場で行われたG3第21回アーリントンC(芝1600m)において、2010年1歳セール取引馬ジャスタウェイが快勝しました。
レースでは折り合いを重視した鞍上の判断で最後方からの競馬となりました。最後の直線に入り、2着馬が絶妙のタイミングで抜け出した時点でもまだ後方にいましたが、急坂を物ともせず大外を一気に駆け上がり、先頭でゴールを駆け抜けました。
並み外れた豪脚を武器に、圧巻のパフォーマンスで重賞初Vを決めたジャスタウェイ。大舞台での活躍を期待せずにはいられません。

ジャスタウェイ号 Just a Way カタログ掲載画像
    ●父 ハーツクライ
    ●母 シビル ●母父 Wild Again
    ●牡3歳 ●栗東・須貝尚介厩舎
    ●馬主:大和屋 暁 様
    ●安平・(有)社台コーポレーション白老ファーム 生産

PAGE TOP

ピイラニハイウェイ号 Piilani Highway
念願の重賞タイトルを獲得したピイラニハイウェイ

2012/02/13

ピイラニハイウェイ佐賀記念快勝!

2月8日(水)佐賀競馬場行われたJPN3第39回佐賀記念(ダ2000m)で、2005年セール取引馬ピイラニハイウェイが快勝しました。
雪が舞う中、スタートが切られると好位3番手でレースを進めました。鞍上が2周目のバックストレッチから気を抜かせないよう気合いをつけながら進出を開始し最後の直線に入ると、内を力強く伸び先頭でゴールを駆け抜けました。
7歳、41戦目にして初めて重賞タイトルを手中にしたピイラニハイウェイ。衰え知らずの古豪が今年のダート中距離戦線を盛り上げていくこと間違いなしです。

ピイラニハイウェイ号 Piilani Highway
    ●父 Silver Deputy
    ●母 トロピカルブラッサム ●母父 サンダーガルチ
    ●牡7歳 ●栗東・吉田直弘厩舎
    ●馬主:金子真人ホールディングス(株) 様
    ●早来・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

2012/01/06

2011年度JRA賞最優秀短距離馬にカレンチャンが選出!

JRA日本中央競馬会は1月6日、2011年度のJRA賞受賞馬選考委員会を開き、各部門の受賞馬を発表しました。
セレクトセール出身馬では、準オープンから重賞4連勝を含む5連勝でスプリンターズSを制したカレンチャンが「最優秀短距離馬」に選出されました。


【最優秀短距離馬】
カレンチャン[牝4歳]
父クロフネ 母スプリングチケット(by トニービン)
●馬主:鈴木 隆司 様 ●調教師:安田 隆行 様
●生産者:社台ファーム 様
●2011年度成績:7戦5勝
●2011年度主な勝ち鞍:スプリンターズS(G1)、阪神牝馬S(G2) 他

PAGE TOP



SELECT SALE取引馬 重賞レース勝馬

デアリングタクト号

秋華賞 G1
SELECT SALE取引馬イメージ
父:エピファネイア
母:デアリングバード
母父:キングカメハメハ
2018年セレクトセール取引馬
落札価格 1,200万円

2012年のJRHAニュース



歴代G1勝ち馬

Stallions in Japan

サイアーライン