現在表示しているページの位置

JRHAニュース

サトノダイヤモンド号 Satono Diamond
当セール取引馬では4頭目の有馬記念馬となったサトノダイヤモンド

2016/12/26

サトノダイヤモンドがグランプリ有馬記念制覇!

12月25日(日)中山競馬場で行われたG1第61回有馬記念(芝2500m)で、2014年当歳セール取引馬サトノダイヤモンドが菊花賞に続き、G1連勝を決めました。
10万人近い大歓声を受けてスタートが切られると、他馬が気にする1周目のホームストレッチでも引っ掛かることなく落ち着いてレースを進めました。最初の1000m通過が61秒の平均ペースで推移する中、バックストレッチでは現役屈指の実力馬キタサンブラックをマークするためその直後までポジションを押し上げました。勝負どころから人気馬3頭が先頭に並びかけて最終コーナーを回ると、直線では壮絶なデッドヒートとなり、先ずは3番人気のゴールドアクターが脱落、内で懸命に逃げ込みを図る2番人気馬キタサンブラックと一騎打ちになったゴール前では、力でねじ伏せるように外から差し切りました。
有馬記念史に残る素晴らしいレース内容で大一番を制したサトノダイヤモンド。新たな時代の到来を予感させるその走りに、無限の可能性を感じずにはいられません。

サトノダイヤモンド号 Satono Diamond カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 マルペンサ ●母父 Orpen
    ●牡3歳 ●栗東・池江泰寿厩舎
    ●馬主:里見 治 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

サトノクラウン号 Satono Crown
サトノクラウンがステイゴールド以来15年ぶりに香港ヴァーズを制覇

2016/12/12

サトノクラウン香港ヴァーズ制覇!

12月11日(日)香港・シャテイン競馬場で行われたG1第23回香港ヴァーズ(芝2400m)で、2013年1歳セール取引馬サトノクラウンが優勝しました。
12番枠からスタートを切ると、鞍上に促されてインコースにポジションを取り1角を回りました。向こう正面では、断然人気のBCターフ勝ち馬ハイランドリールにビッグオレンジが絡む展開を見ながら、じっくりと脚を溜めて進みました。最後の直線に入ると、先に抜け出したハイランドリールが逃げ切るかと思われた残り200mぐらいから少しずつ差を詰めて、2頭のマッチレースとなったゴール前で測ったように差し切り、歓喜のゴールに飛び込みました。
異国の地で世界屈指のG1ホースを相手に偉業を達成したサトノクラウン。来年は更なるワールドワイドな活躍を期待したくなる、そんな勝利となりました。

サトノクラウン号 Satono Crown カタログ掲載画像
    ●父 Marju
    ●母 ジョコンダⅡ ●母父 Rossini
    ●牡4歳 ●美浦・堀宣行厩舎
    ●馬主:里見 治 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

アルバート号 Albert
師走の名物レースを連覇したアルバート

2016/12/05

アルバートがステイヤーズS連覇!

12月3日(土)中山競馬場で行われたG2第50回ステイヤーズS(芝3600m)で、2012年1歳セール取引馬アルバートが断然の1番人気に応えて優勝しました。
少し後手を踏むスタートとなりましたが、長距離レースだけあり、慌てず中団インで折り合いました。最初の1000mは昨年より速かったものの、次の1000mは3秒以上も遅く、出入りの激しい競馬となりました。残り1000mから流れが一気に速くなり、4角で馬群が捌けると瞬時に外に持ち出し、先に抜け出した2着馬をゴール前できっちりと捕えました。
マラソンレースでは無類の強さを発揮するアルバート。次走は年末か、それとも来春か。現役屈指のステイヤーの動向に注目が集まります。

アルバート号 Albert カタログ掲載画像
    ●父 アドマイヤドン
    ●母 フォルクローレ ●母父 ダンスインザダーク
    ●牡5歳 ●美浦・堀宣行厩舎
    ●馬主:林 正道 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

カデナ号 Cadenas
4戦全てでメンバー最速の上がりをマークし重賞初Vを飾ったカデナ

2016/11/28

豪脚炸裂!カデナ京都2歳S快勝

11月26日(土)京都競馬場で行われたG3第3回京都2歳S(芝2000m)で、2014年当歳セール取引馬カデナが優勝しました。
無難にスタートを決めましたが、馬の行く気に任せて後方3番手からのレースとなりました。前半1000mが62.2秒のスローペースとなりましたが、じっくりと脚を溜めて進みました。勝負どころから少しずつ進出していく1番人気馬の直後につけて直線を迎えると、父譲りの豪脚を繰り出し、大外一気で鮮やかに差し切りました。
出世レースを制して、来春のクラシック戦線に名乗りを上げたカデナ。豊かな将来性を感じさせる楽しみな素材が出現しました。
なお、セレクトセール・プレミアム対象競走を制した同馬には特別ボーナスが贈呈されます。

カデナ号 Cadenas カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 フレンチリヴィエラ ●母父 フレンチデピュティ
    ●牡2歳 ●栗東・中竹和也厩舎
    ●馬主:前田 幸治 様
    ●新ひだか・(有)グランド牧場 生産

PAGE TOP

ミッキーアイル号 Mikki Isle
ミッキーアイルが惜敗続きのG1戦線にピリオド

2016/11/21

ミッキーアイル復活! マイルCS制覇

11月20日(日)京都競馬場で行われたG1第33回マイルCS(芝1600m)で、2012年1歳セール取引馬ミッキーアイルが優勝しました。
試行錯誤の末、原点回帰した戦法「逃げ」に迷いはなく、好スタートを決めて先手を奪いました。前半の3F34.4秒という絶妙のペースを刻み、余力を残して4角を回りました。最後の直線では、3着馬が外から並びかけると闘争心に火が付き、驚異的な二枚腰を発揮して後続の追撃を振り切りました。
NHKマイルCに続く、2回目のG1制覇を飾ったミッキーアイル。絶対的なスピード能力を武器に、来年も最強短距離ランナーの戦いは続きます。

ミッキーアイル号 Mikki Isle カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 スターアイル ●母父 ロックオブジブラルタル
    ●牡5歳 ●栗東・音無秀孝厩舎
    ●馬主:野田 みづき 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

ドリームセーリング号 Dream Sailing
キャリアを力に変えて待望の重賞Vを果たしたドリームセーリング

2016/11/14

ドリームセーリング京都ジャンプS快勝!

11月12日(土)京都競馬場で行われたJ・G3第18回京都ジャンプS(芝3170m)で、2007年当歳セール取引馬ドリームセーリングが優勝しました。
圧倒的指示を集めた2着馬に勝つためには前で競馬をするしかないとジョッキーがインタビューで振り返った通り、好スタートを決めると、2番手にポジショニングし、積極的なレースを展開しました。道中は安定した飛越で、いつでも逃げ馬を捕えらえる位置で進出のタイミングを窺い流れに乗りました。勝負どころで早めに先頭に立ち直線を迎えると、外から2着馬が猛追してきましたが、そのまま押し切りゴールを駆け抜けました。
平地と合わせて12度目の挑戦で念願の重賞ウイナーとなったドリームセーリング。次は年末の大一番で「G1ウイナー」を目指します。

ドリームセーリング号 Dream Sailing カタログ掲載画像
    ●父 クロフネ
    ●母 グローバルピース ●母父 サンデーサイレンス
    ●牡9歳 ●美浦・田島俊明厩舎
    ●馬主:ライオンレースホース(株) 様
    ●新ひだか・(有)千代田牧場 生産

PAGE TOP

モンドキャンノ号 Monde Can Know
極上の切れ味で函館の無念を晴らしたモンドキャンノ

2016/11/07

2歳チャンプに王手!モンドキャンノ京王杯2歳S快勝

11月5日(土)東京競馬場で行われたG2第52回京王杯2歳S(芝1400m)で、2014年当歳セール取引馬モンドキャンノが優勝しました。
スタートではやや後手を踏みましたが、二の足が早く、直ぐにリカバーして中団に取り付きました。前半はスローで流れたため、各馬が折り合いに細心の注意を払い、末脚比べの展開となりました。外に持ち出された直線では、鞍上からゴーサインに瞬時に反応して、メンバー最速となる3F33.7秒の豪脚を繰り出し、鮮やかに差し切りました。
ポテンシャルと完成度の高さを発揮して重賞Vを飾ったモンドキャンノ。2歳チャンピオンに王手を掛けました。
また、セレクトセール・プレミアムの対象レースを勝った同馬には、特別ボーナスが贈呈されます。

モンドキャンノ号 Monde Can Know カタログ掲載画像
    ●父 キンシャサノキセキ
    ●母 レイズアンドコール ●母父 サクラバクシンオー
    ●牡2歳 ●栗東・安田隆行厩舎
    ●馬主:ユアストーリー 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

エピカリス号 Epicharis
無限の可能性を秘める走りを披露したエピカリス

2016/11/02

ダート界に新星現る!エピカリス北海道2歳優駿圧勝

11月1日(火)門別競馬場で行われたJPN3第43回北海道2歳優駿(ダ1800m)で、2014年当歳セール取引馬エピカリスが単勝1.0倍の断然人気に応えて優勝しました。
小回りの競馬場では不利とされる外枠でしたが、スタートを決めるとスピードの違いで一気に先手を奪いました。その後はまさに一人旅。勝負どころから鞭が入り必死で追いかけるライバルたちを尻目に持ったままで直線へ。ノーステッキでも、見る見るうちに引き離し、2着馬に2.4秒の大差をつけて圧勝しました。
デビュー戦から6馬身、7馬身、大差と、レース毎に着差を広げ3連勝で重賞初Vを飾ったエピカリス。ダート界に途轍もない大物が出現しました。
なお、2歳重賞の勝ち馬に贈られるセレクトセール・プレミアムの対象レースに勝利した同馬は、同世代最初の対象馬となりました。

エピカリス号 Epicharis カタログ掲載画像
    ●父 ゴールドアリュール
    ●母 スターペスミツコ ●母父 カーネギー
    ●牡2歳 ●美浦・萩原清厩舎
    ●馬主:(有)キャロットファーム 様
    ●浦河・鎌田正嗣 生産

PAGE TOP

サトノアラジン号 Satono Aladdin
サトノアラジンがスワンSを制してマイルCSの優先出走権を獲得

2016/10/31

豪脚炸裂!サトノアラジン スワンS快勝

10月29日(土)京都競馬場で行われたG2第59回スワンS(芝1400m)で、2011年当歳セール取引馬サトノアラジンが快勝しました。
鋭い末脚を武器とする同馬なので、スタートから出していかずに後方待機の作戦を取りました。道中は後方3、4番手を進み、しっかりと脚を溜めて直線に入ると、メンバー最速の上がり3F33.6秒を繰り出し、豪快に突き抜けました。
大舞台に向けて、最高の形で秋初戦を飾ったサトノアラジン。待望のG1初制覇に向けて期待が高まります。

サトノアラジン号 Satono Aladdin カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 マジックストーム ●母父 Storm Cat
    ●牡5歳 ●栗東・池江泰寿厩舎
    ●馬主:里見 治 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

サトノダイヤモンド号 Satono Diamond
父に「産駒クラシック完全制覇」の称号を贈ったサトノダイヤモンド

2016/10/24

大願成就!サトノダイヤモンド菊花賞制覇

10月23日(日)京都競馬場で行われたG1第77回菊花賞(芝3000m)で、2013年当歳セール取引馬サトノダイヤモンドが優勝し、春の雪辱を果たしました。
スタートを決めて、菊花賞の重要ポイントである「1周目の下りからホームストレッチ」をスムーズに進めた時点で勝敗は決していたのかもしれません。最初の1000mが59.9秒の少し速いラップを刻み、バックストレッチに入ると、出入りが激しい競馬となりましたが、慌てず騒がずマイペースで進みました。勝負どころから、外目を抜群の手応えで進出し直線に入ると、他馬がまるで止まって見えるような鋭い末脚で抜け出し、2馬身半のリードを保ってゴールを駆け抜けました。
「強い馬が勝つ」といわれるクラシック最後の舞台で、待望のビッグタイトルを獲得したサトノダイヤモンド。更なる高みへ続く扉が今、開かれました。
また、出走全18頭中9頭が当セール出身馬という驚異的な出走率を記録した同レースでは、2着にもレインボーラインが入り、見事なワンツー・フィニッシュとなりました。

サトノダイヤモンド号 Satono Diamond カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 マルペンサ ●母父 Orpen
    ●牡3歳 ●栗東・池江泰寿厩舎
    ●馬主:里見 治 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

ヤングマンパワー号 Young Man Power
秋のマイル王に名乗りを上げたヤングマンパワー

2016/10/24

充実一途!ヤングマンパワー重賞2連勝

10月22日(土)東京競馬場で行われたG3第19回富士S(芝1600m)で、2013年1歳セール取引馬ヤングマンパワーが優勝しました。
好スタートから先頭を窺う勢いでしたが、先に行かせて3番手でレースを進めました。例年に比べて少頭数だったためか、スローペースで行きたがる馬が見受けられましたが、内目で折り合い流れに乗りました。直線では、少し荒れたインコースを嫌って外に出す馬が多い中、迷わず内に進路を取り、ラスト200mで先頭に立つと、後続の追撃も封じてフィニッシュラインを通過しました。
関屋記念に続く重賞2連勝を決め、本格化の兆しを見せるヤングマンパワー。優先出走権を獲得したマイルCSの有力候補に名乗りを上げました。

ヤングマンパワー号 Young Man Power カタログ掲載画像
    ●父 スニッツェル
    ●母 スナップショット ●母父 サンデーサイレンス
    ●牡4歳 ●美浦・手塚貴久厩舎
    ●馬主:星野 壽市 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

サトノダイヤモンド号 Satono Diamond
前哨戦を快勝してラスト1冠に王手をかけたサトノダイヤモンド

2016/09/26

春の雪辱へ好発進!サトノダイヤモンド神戸新聞杯V

9月25日(日)阪神競馬場で行われたG2第64回神戸新聞杯(芝2400m)で、2013年当歳セール取引馬サトノダイヤモンドが単勝1.2倍の圧倒的1番人気に応えて優勝しました。
スタートを決めると、馬の気持ちに任せて中団で1コーナーを回りました。休み明けのせいか、その後少し引っ掛かるような素振りをみせましたが、すぐに折り合い、流れに乗りました。前半1000mの通過が61.4秒のペースで進んだレースが動いたのは3角すぎ。早めに進出していくライバルの動きを見ながら直線に入ると残り300mで早くも先頭に立ちました。そこから独走かと思ったところを、当セール取引馬ミッキーロケットが内から迫り、激しい叩き合いとなりましたが、最後まで抜かせず、先頭でゴールを駆け抜けました。
春の雪辱に向けて好発進を決めたサトノダイヤモンド。念願のタイトル奪取は目前です。

サトノダイヤモンド号 Satono Diamond カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 マルペンサ ●母父 Orpen
    ●牡3歳 ●栗東・池江泰寿厩舎
    ●馬主:里見 治 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

ビッシュ号 Biche
満点のレース内容でトライアルを制しG1制覇に王手をかけたビッシュ

2016/09/12

力差歴然!ビッシュ紫苑S完勝

9月10日(土)中山競馬場で行われたG3第1回紫苑S(芝2000m)で、2013年当歳セール取引馬ビッシュが優勝しました。
大外枠からスタートを切ると、馬の行く気に任せて後方4、5番手で最初のコーナーを回りました。前半の1000mが59.6秒の平均ペースで流れる展開を、慌てず騒がず後方でじっくりと脚を溜めました。3角で手綱が緩められると馬なりで進出を開始。持ったままで先頭に並びかけると、直線では楽々と抜け出しゴールに飛び込みました。
力の違いを見せつけ、横綱相撲でトライアルを完勝したビッシュ。春の雪辱を晴らし、大舞台で大輪を咲かせる瞬間が目前に迫りました。

ビッシュ号 Biche カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 バランセラ ●母父 Acatenango
    ●牝3歳 ●美浦・鹿戸雄一厩舎
    ●馬主:窪田 康志 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

タイセイドリーム号 Taisei Dream
最優秀障害馬を負かして重賞ウイナーの仲間入りを果たしたタイセイドリーム

2016/08/29

3連勝で重賞V!タイセイドリーム新潟ジャンプS快勝

8月27日(土)新潟競馬場で行われたJ・G3第18回新潟ジャンプS(芝3250m)で、2010年当歳セール取引馬タイセイドリームが快勝しました。
好スタートを決めると、鞍上に促されて3番手にポジションを取りました。道中は、安定した飛越で折り合いを欠くところもなくでスムーズに流れに乗りました。最後の直線に入り、抜群の手応えで先頭に並びかけ抜け出すと、2着馬に外から並ばれましたが、そこからもう一伸びして、先頭でゴールを駆け抜けました。
未勝利→オープン特別から3連勝で重賞ウイナーの仲間入りを果たしたタイセイドリーム。ハードル界に楽しみな新星が誕生しました。

タイセイドリーム号 Taisei Dream カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 モアザンベスト ●母父 Giant's Causeway
    ●牡6歳 ●栗東・矢作芳人厩舎
    ●馬主:田中 成奉 様
    ●新ひだか・(有)千代田牧場 生産

PAGE TOP

バクシンテイオー号 Bakushin Teio

2016/08/22

大外一気で初タイトル!バクシンテイオー北九州記念快勝

8月22日(日)小倉競馬場で行われたG3第51回北九州記念(芝1200m)で、2010年1歳セール取引馬バクシンテイオーが優勝しました。
好スタートを切りましたが、先行激化を察知して後方に下げ、向こう正面を進みました。最後方からの競馬となりましたが、3角から徐々に進出して4コーナーを回りました。最後の直線では、大外から豪快に末脚を伸ばして並ぶ間もなく差し切り、先頭でゴールを駆け抜けました。
7歳にして初重賞Vを飾ったバクシンテイオー。秋の大舞台に向けて遅咲きのスプリンターから目が離せません。

バクシンテイオー号 Bakushin Teio カタログ掲載画像
    ●父 サクラバクシンオー
    ●母 アウトオブザウィム ●母父 サンデーサイレンス
    ●牡7歳 ●美浦・堀宣行厩舎
    ●馬主:林 正道 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

ヤングマンパワー号 Young Man Power
高速決着にも対応しマイル重賞2勝目を挙げたヤングマンパワー

2016/08/15

ヤングマンパワー関屋記念快勝!

8月14日(日)新潟競馬場で行われたG3第51回関屋記念(芝1600m)で、2013年1歳セール取引馬ヤングマンパワーが優勝しました。
スタートは五分に出ましたが、序盤から出入りの激しい先行争いとなり、好位のやや後ろにポジションを取りました。前半1000mが57.1秒というハイペースとなりましたが、慌てず騒がず、機を窺い脚を溜めました。
直線では、先行馬が苦しくなったところを先に抜け出した当セール取引馬ダノンリバティを目がけてスパートを開始し、最後はこの2頭のマッチレースとなりましたが、ゴール寸前で差し切りました。
昨年のアーリントンC以来となる重賞2勝目を飾ったヤングマンパワー。再び軌道に乗った素質馬が、秋の大舞台を目指します。

ヤングマンパワー号 Young Man Power カタログ掲載画像
    ●父 スニッツェル
    ●母 スナップショット ●母父 サンデーサイレンス
    ●牡4歳 ●美浦・手塚貴久厩舎
    ●馬主:星野 壽市 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

ストロングサウザー号 Strong Souther
ダートグレード競走2勝目を飾ったストロングサウザー

2016/07/19

ストロングサウザー重賞V2!マーキュリーC制す

7月18日(月)盛岡競馬場で行われたJPN3第20回マーキュリーC(ダ2000m)で、2011年当歳セール取引馬ストロングサウザーが優勝しました。
外枠でしたがスタートを決めると、4~5番手で1コーナーを回りました。地方競馬らしく、各馬が向こう正面から進出を開始する中、じっくりと脚を溜めて進めました。勝負どころから内を通りポジションを押し上げながら直線に入ると、メンバー最速の末脚を繰り出し、後続に2馬身差をつけて快勝しました。
昨年の佐賀記念に続き、重賞2勝目を飾ったストロングサウザー。父譲りの成長力を武器に、更なるステップアップを期待したいと思います。

ストロングサウザー号 Strong Souther カタログ掲載画像
    ●父 ハーツクライ
    ●母 エヴァンタイユ ●母父 Lear Fan
    ●牡5歳 ●美浦・久保田貴士厩舎
    ●馬主:村木 篤 様
    ●千歳・社台ファーム 生産

PAGE TOP

サトノノブレス号 Satono Noblesse
西日本4場すべてで重賞を制したサトノノブレス

2016/06/06

コースレコードで重賞V4!サトノノブレス鳴尾記念快勝

6月4日(土)阪神競馬場で行われたG3第69回鳴尾記念(芝2000m)で、2011年1歳セール取引馬サトノノブレスが優勝しました。
スタートこそ今ひとつでしたが、すぐに好位に取りつき最初のコーナーを回りました。前半1000mを平均ペースの59.0秒で通過すると、向こう正面ではぴったりと折り合い、脚を溜めました。勝負どころから徐々にポジションを押し上げ直線に入ると、渋太く末脚を伸ばし、ゴール前の接戦を制しました。
年齢を重ねながら成長し、コースレコードで4つ目の重賞を制したサトノノブレス。持ち前のスタミナと勝負根性を武器に、夏のグランプリ宝塚記念に挑みます。

サトノノブレス号 Satono Noblesse カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 クライウィズジョイ ●母父 トニービン
    ●牡6歳 ●栗東・池江泰寿厩舎
    ●馬主:里見 治 様
    ●洞爺湖・(有)メジロ牧場 生産

PAGE TOP

サトノアラジン号 Satono Aladdin
コースレコードタイで待望の重賞タイトルを獲得したサトノアラジン

2016/05/16

良血開花!サトノアラジン京王杯SC快勝

5月14日(土)東京競馬場で行われたG2第61回京王杯スプリングC(芝1400m)で、2011年当歳セール取引馬サトノアラジンがレースレコードで快勝しました。
スタートはタイミングが合わず、後方からのレースとなり、また初めての1400mにも戸惑ったのか、道中は鞍上に促されながらの追走になりました。しかし、直線に入り外に持ち出されると、ラスト600mを32.4秒という目が覚めるような末脚を繰り出し、先行馬をまとめて差し切りました。
血統通りの成長曲線を描き、初の重賞タイトルを獲得したサトノアラジン。覚醒した良血馬が、次走の安田記念で昨年の年度代表馬を相手にどんな競馬を見せてくれるのか。期待はますます膨らみます。

サトノアラジン号 Satono Aladdin カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 マジックストーム ●母父 Storm Cat
    ●牡5歳 ●栗東・池江泰寿厩舎
    ●馬主:里見 治 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

パッションダンス号 Passion Dance
単勝10番人気の低評価を覆して完勝したパッションダンス

2016/05/09

これぞ新潟マイスターの本領!パッションダンス新潟大賞典快勝

5月8日(日)新潟競馬場で行われたG3第38回新潟大賞典(芝2000m)で、2008年当歳セール取引馬パッションダンスが優勝しました。
スタートを決めると外め3番手で流れに乗りました。その後も淡々としたペースでレースが進み、最後の直線に入ると、内で懸命に粘り込みを図る逃げ馬をラスト200mで捕えて、そのまま押し切りました。
新潟大賞典、新潟記念に続き、得意のコースで重賞3勝目を挙げたパッションダンス。夏の新潟記念で同コース史上初となる重賞4勝目への期待が膨らみます。
また、2着にも2011年1歳セール取引馬フルーキーが入り、重賞では今年初となる当セール取引馬のワンツーフィニッシュとなりました。

パッションダンス号 Passion Dance カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 キッスパシオン ●母父 ジェイドロバリー
    ●牡8歳 ●栗東・友道康夫厩舎
    ●馬主:金子真人ホールディングス(株) 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

ヴァンキッシュラン号 Vanquish Run
ダービーに名乗りを上げた世界的良血馬ヴァンキッシュラン

2016/05/02

いざダービーへ!ヴァンキッシュラン青葉賞快勝

4月30日(土)東京競馬場で行われたG2第23回青葉賞(芝2400m)で、2013年当歳セール取引馬ヴァンキッシュランが優勝しました。
好スタートを決めると、5番手で最初のコーナーを回りました。前半1000mが61.3秒というスローな序盤でしたが、ピタリと折り合い人馬一体となってバックストレッチを進みました。残り1000m付近からペースが上がりましたが、慌てずしっかりと脚を溜めて直線に入ると、馬場の中央を一気に加速して抜け出し、レコードに0.1秒差の好タイムでフィニッシュしました。
レース毎に成長し、ダービーへの切符を掴んだヴァンキッシュラン。本番でも、名前通りの「打ち負かす走り」を期待せずにはいられません。

ヴァンキッシュラン号 Vanquish Run カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 リリーオブザヴァレー ●母父 Galileo
    ●牡3歳 ●栗東・角居勝彦厩舎
    ●馬主:島川 隆哉 様
    ●千歳・社台ファーム 生産

PAGE TOP

サトノノブレス号 Satono Noblesse
サトノノブレスが実力を示し1番人気に応えて快勝

2016/03/14

トップハンデは実力の証!サトノノブレス中日新聞杯快勝

3月12日(土)中京競馬場で行われたG3第52回中日新聞杯(芝2000m)で、2011年1歳セール取引馬サトノノブレスが優勝しました。
好スタートを決めると、先行集団の直後に取り付き流れに乗りました。最初の1000m通過が62.1秒というスローペースとなりましたが、引っ掛かることなくスムーズにレースを進めました。勝負所から徐々に押し上げ、3番手付近で直線を迎えると、横一杯に広がるハンデ戦らしい接戦となりましたが、最後は半馬身抜け出し、先頭でフィニッシュラインを駆け抜けました。
トップハンデを物ともせず、重賞3勝目を挙げたサトノノブレス。春のグランプリ宝塚記念に向けて、実績馬が貫録を見せつけました。

サトノノブレス号 Satono Noblesse カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 クライウィズジョイ ●母父 トニービン
    ●牡6歳 ●栗東・池江泰寿厩舎
    ●馬主:里見 治 様
    ●洞爺湖・(有)メジロ牧場 生産

PAGE TOP

ミッキーアイル号 Mikki Isle
ミッキーアイルが復活Vで重賞5勝目をマーク

2016/02/29

レースレコード復活V!ミッキーアイル阪急杯快勝

2月28日(日)阪神競馬場で行われたG3第60回阪急杯(芝1400m)で、2012年1歳セール取引馬ミッキーアイルが優勝しました。
抜群のスタートを決めると、今回は迷わずハナを切りました。持ち前のスピードをフルに発揮して、前半3ハロン33.8秒の速いラップで主導権を握ると、直線では鞍上からの叱咤激励に応えて力強い末脚を繰り出し、そのまま後続の追撃を完封しました。
自らレースを作る「原点回帰」の戦法で見事に復活を果たしたミッキーアイル。2つ目のビッグタイトル獲得に王手をかけました。

ミッキーアイル号 Mikki Isle カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 スターアイル ●母父 ロックオブジブラルタル
    ●牡5歳 ●栗東・音無秀孝厩舎
    ●馬主:野田 みづき 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

レインボーライン号 Rainbow Line
一戦毎に力をつけ重賞初Vを飾ったレインボーライン

2016/02/29

レインボーライン大混戦制し重賞初V!

2月27日(土)阪神競馬場で行われたG3第25回アーリントンC(芝1600m)で、2014年1歳セール取引馬レインボーラインが優勝しました。
スタートは五分に出ましたが、行き脚がつかず、後方からレースとなりました。道中の反応も良くなく、苦しい追走となりましたが、ペースが落ちた3~4角で外から進出して最終コーナーを回りました。直線では粘る先行馬を馬場の真ん中から2着馬と併せ馬で追い詰め、5着までが同タイムという大混戦を制しました。
この勝利で前途が一気に開けたレインボーライン。クラシンク戦線を進むのか、はたまたマイル路線を歩むのか。本当に楽しみな3歳馬が出現しました。

レインボーライン号 Rainbow Line カタログ掲載画像
    ●父 ステイゴールド
    ●母 レーゲンボーゲン ●母父 フレンチデピュティ
    ●牡3歳 ●栗東・浅見秀一厩舎
    ●馬主:三田 昌宏 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

サトノクラウン号 Satono Crown
泥んこ馬場をものともせず見事な復活Vを飾ったサトノクラウン

2016/02/15

復活V!サトノクラウン京都記念快勝

2月14日(日)京都競馬場で行われたG2第109回京都記念(芝2200m)で、2013年1歳セール取引馬サトノクラウンが快勝しました。
前日からの雨で重馬場の中、スタートが切られると、逃げた馬の直後で折り合い流れに乗りました。向こう正面では、馬場に脚を取られて走りにくそうな各馬を尻目に抜群の手応えで進んでいきました。勝負所から早めに進出して直線入り口で先頭に立つと、そのまま後続を寄せ付けず、悠々とゴールを駆け抜けました。
昨秋から3ヶ月ぶりの復帰戦を危なげない勝利で飾り、重賞3勝目を挙げたサトノクラウン。古馬頂点を目指す戦いに向けて、復活の狼煙を上げました。

サトノクラウン号 Satono Crown カタログ掲載画像
    ●父 Marju
    ●母 ジョコンダⅡ ●母父 Rossini
    ●牡4歳 ●美浦・堀宣行厩舎
    ●馬主:里見 治 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

ストロングサウザー号 Strong Souther
危なげないレース運びで重賞初Vを飾ったストロングサウザー

2016/02/12

重賞初V!ストロングサウザー佐賀記念快勝

2月11日(木)佐賀競馬場で行われたJPN3第43回佐賀記念(ダ2000m)で、2011年当歳セール取引馬ストロングサウザーが優勝しました。
大外枠からのスタートとなりましたが、好発を決めて、内の各馬の動きを見ながら5、6番手で流れに乗りました。2周目のバックストレッチから徐々にポジションを押し上げて最終コーナーを回ると、馬群を割って鋭く抜け出し、最後は抑える完勝劇を演じました。
父譲りの成長力を武器に、確実にステップアップしながら重賞初Vを飾ったストロングサウザー。ダート中距離界に新星が誕生しました。

ストロングサウザー号 Strong Souther カタログ掲載画像
    ●父 ハーツクライ
    ●母 エヴァンタイユ ●母父 Lear Fan
    ●牡5歳 ●美浦・久保田貴士厩舎
    ●馬主:村木 篤 様
    ●千歳・社台ファーム 生産

PAGE TOP

サトノダイヤモンド号 Satono Diamond
異次元の強さできさらぎ賞を圧勝したサトノダイヤモンド

2016/02/08

無傷の3連勝で最有力候補へ!サトノダイヤモンドきさらぎ賞圧勝

2月7日(日)京都競馬場で行われたG3第56回きさらぎ賞(芝1800m)で、2013年当歳セール取引馬サトノダイヤモンドが単勝1.2倍の断然人気に応えて優勝しました。
スタートを決めると、各馬の出方を窺いながら、中団にポジションを取りました。前半1000mを過去10年では一番速い59.8秒で通過すると、勝負所から馬なりでポジションアップして直線を迎えました。内で懸命に粘るライバル馬の外から楽に先頭に躍り出ると、ラスト200mからは独断場となり後続に3馬身半をつけるレースレコードで駆け抜けました。
走る度に輝きを増しながら、春の大舞台に名乗りを上げたサトノダイヤモンド。父と同じく無敗でクラシックロードを突き進みます。

サトノダイヤモンド号 Satono Diamond カタログ掲載画像
    ●父 ディープインパクト
    ●母 マルペンサ ●母父 Orpen
    ●牡3歳 ●栗東・池江泰寿厩舎
    ●馬主:里見 治 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

ロジクライ号 Logi Cry
クラシックへの扉を力強く押し開けたロジクライ

2016/01/12

クラシック戦線に名乗り!ロジクライがシンザン記念V

1月10日(日)京都競馬場で行われたG3第50回シンザン記念(芝1600m)で、2013年当歳セール取引馬ロジクライが優勝しました。
絶好枠からスタートを決めると、前半1000mが58.1秒のハイペースを好位4番手で流れに乗りました。持久力も問われる展開の中、内ラチ沿いを進んで直線を迎えると、長く良い脚を繰り出し、4着までクビ、クビ、ハナ差の大接戦を制しました。
幾多の名馬が駆け抜けた出世レースを制し、クラシックに名乗りを上げたロジクライ。父譲りの豊富なスタミナと好位で運べるレースセンスを武器にビッグタイトル奪取を目指します。

ロジクライ号 Logi Cry カタログ掲載画像
    ●父 ハーツクライ
    ●母 ドリームモーメント ●母父 Machiavellian
    ●牡3歳 ●栗東・須貝尚介厩舎
    ●馬主:久米田 正明 様
    ●安平・ノーザンファーム 生産

PAGE TOP

2016/01/06

ミッキークイーンが2015年度JRA賞最優秀3歳牝馬に!

JRA日本中央競馬会は1月6日、2015年度のJRA賞受賞馬選考委員会を開き、各部門の受賞馬を発表しました。
セレクトセール出身馬では、オークス、秋華賞の牝馬2冠を制したミッキークイーンが満票で最優秀3歳牝馬に選出されました。

【最優秀3歳牝馬】
ミッキークイーン[牝3歳]
父ディープインパクト 母ミュージカルウェイ(by Gold Way)
●馬主:野田 みづき 様 ●調教師:池江 泰寿様
●生産者:ノーザンファーム 様
●2015年度成績:6戦3勝
●2015年度主な勝ち鞍:オークス(G1)、秋華賞(G1) 他

PAGE TOP



SELECT SALE取引馬 重賞レース勝馬

デアリングタクト号

秋華賞 G1
SELECT SALE取引馬イメージ
父:エピファネイア
母:デアリングバード
母父:キングカメハメハ
2018年セレクトセール取引馬
落札価格 1,200万円

2016年のJRHAニュース



歴代G1勝ち馬

Stallions in Japan

サイアーライン